2019年06月18日

北海堂(新橋)…北海道発を謳う昼飲み可能な企業系海鮮定食店

032.JPG
昼は魚介の定食を食べたいなあ、と思いながらJR新橋駅に降り立つ。
ニュー新橋ビルや新橋駅前ビルの地下の飲み屋のランチが頭に浮かぶ。
まずニュー新橋ビルに行ってみると1階に見慣れない店を見つける。
“北海道産鮮魚97%の定食屋”…97%ってなんだ?
いかにも企業系の胡散臭さに惹かれ、その「北海堂」に入ることにする。

002-2.jpg
(画像クリックで大きくなります。)

002.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

005.JPG
店頭に掲示されたメニューを見ると、“釧路名物スパかつ”、“羅臼産鮭”、
“礼文産ホッケ”、“ザンギ”など北海道色を全面に出したラインナップだ。

011.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
入店し、券売機で北海道刺身定食990円味噌汁を豚汁へ変更100円
道産とろろ100円カキフライ350円の食券を買い、店員に渡す。

010.JPG
午前11時半頃の入店で先客は年配サラリーマン客一人のみ。
席はカウンター席や大テーブル席のみで、椅子は背もたれがなく、
一人客専用店ではないかと思えるほど落ち着けない構造となっている。

021.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
昼飲み可能を謳っているのでつまみ類も昼から注文可能だが、
券売機で食券は買えないので、店員に直接注文することになる。

014.JPG
後で調べると、やはりK.A.M rich foodsという札幌の会社の運営店で、
他に炭リッチという北海道イタリアンのチェーンなどを運営している。
私の家の近所にも炭リッチはあったが、短期間で閉店してしまった。

016.JPG
数か月前に行った肉丼の店も確か北海道から都内に進出した店だった。
古くは純連、すみれやスープカレーの店などが成功例として思い浮かぶ。

025.JPG
さて、食券を渡してから5分で注文の品が全て一気に出て来る。
きんぴら、きゅうりや白菜の浅漬けがつく。

051.JPG
刺身はたこ、サーモン、平目が三切れずつ盛られる。
大きな期待はしていなかったが、それにしても貧弱な内容だ。

040.JPG
カキフライは小さいコロッケのような形状のものが2個。
小粒の牡蠣を2粒抱き合わせて成形し、フライにしている。
形はともかく、味わいはまずまずだった。

043.JPG
豚汁は干からびたベーコンのような薄切り豚ばら肉と根菜類が入る。
量は乏しいが、なんで小鉢のような器に入れて出すのだろう。

053.JPG
とろろはとろろいもを擦っただけのもので出汁等は含まれない。
まあ100円なのだから仕方ない。
羅臼産という醤油を加えて食べる。

006.JPG
私のような貧乏サラリーマンが集う新橋でこの内容で戦うのは
かなり難しいのではないかと思う。
企業系店ではあまり大胆なことはできないのかもしれないが。
ニュー新橋ビル1階の飲食店は外に面している店とむさしやを除くと、
改廃が激しい。
魅力的な海鮮定食店となって長続きしてもらいたいものだ。

産直仕入れの北海道定食屋 北海堂 新橋店定食・食堂 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。