2019年06月20日

シュクリア(藤沢)…何十年も前から来てみたかった湘南カレーの店

057.JPG
約30年前、グルメの情報源が口コミか「ぴあマップグルメ」だった頃、
湘南カレーってやつを食べてみたいと心から思っていた。
「珊瑚礁」、「キャラウェイ」、「シュクリア」はよくメディアに登場した。
今日はその宿願とも言うべき藤沢の「シュクリア」に行く。

095.JPG
午前11時にJR藤沢駅に着き、北口を出て3分ほど歩いて店に行く。
店は既に開店していて、カウンターのみ全10席に先客は男性一人のみ。
しかし私のすぐ後に一人客ばかり5人ほどが続いて入店する。

036.JPG
メニューは昔ながらのカレースタンド風のシンプルな構成だ。
ご飯の量がかなり多い、辛さは10倍でも大して辛くない、
という二つの重要な事前情報をすでに得ている。
あとはトッピングの自由度がよく分からないので、店員に聞く。
「すいません、カツカレーにもう1枚カツをトッピングって出来ますか?」
「プラス250円っでカツ1枚を追加できます。」
心の中でガッツポーズしつつ、ポークカツカレー800円をご飯少なめで、
更にトッピングポークカツ250円を加え、辛さ40倍で注文する。

051.JPG
店は年配と中年の二人の男性によって切り盛りされている。
様子を窺っていると、中年男性の方が上位職者のようだ。

060.JPG
注文から6分ほどで出来上がってくる。
トップングのカツは別皿で、カレーがかけられた状態で出て来る。
作業を見ていた限り、このカレーは本体のカツカレーのカレーと同一だ。

077.JPG

065.JPG
ご飯は少なめでも山盛りでかなり量が多い。
カレーには目立った具はなく、挽肉の残骸だけ認められる。
ルーはモッタリでもサラサラでもなく標準的な粘度と言える。
粗挽きのブラックペッパーがかなり入っているように見える。

073.JPG
カツは肉の厚みが最大1.2pほど、肉だけで1枚90g程度の量だ。
コロモは目が細かく、カツカレーのカツのお手本のようなコロモだ。

084.JPG
食べる。
カレーは正直言って、旨味成分が薄い平板な味だ。
塩っぱさだけが強く出ていて肝心なカレーの味わいがとても薄い。
辛さ40倍はCoco壱番屋換算で3辛程度、つまりちょっとピリッとする程度。

049.JPG

090.JPG
卓上には白菜、ニンジンの酢漬け、福神漬、玉ねぎの酢漬けが置かれる。
その内、玉ねぎの酢漬けを取って食べる。
三種もあるなら、その内一種は辛味のアチャールにすればいいのに、
なんて思った。

042.JPG
カレースタンドとしてはまずまず、という感想だ。
30年前は“湘南カレー”の名を高めるクォリティだったのだろうし、
今でもその時の思い出に導かれて訪れる客がいるのだと思う。
もし、また来ることがあれば、何も期待しないで入店するだろう。
そして、カツカレーの辛さ70倍を注文するだろう。

シュクリアカレーライス / 藤沢駅石上駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 14:47| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。