2019年06月28日

とんかつ八千代(市場前駅)…久々の八千代、豊洲移転後初訪問

083.JPG
天気の悪い平日午前10時過ぎ、新橋から都バスに乗って豊洲市場へ。
目あては築地時代に何度も行った「とんかつ八千代」だ。

134.JPG
10時半頃市場前駅近くでバスを降り、管理施設棟の3階に行く。
築地場内時代とは全く別世界のように人出は乏しい。

067.JPG
店を見つけて入店すると、全16席の店内に先客は3人ほど。

059.JPG
2人用の小さなテーブル席に座り、壁に貼られたメニューを見回す。
ラインナップは恐らく築地時代と大きくは変わっていないと思う。
ロースかつ定食を食べるつもりでいたのだが、急に気が変わり、
穴子、ハモ、アジフライ定食2,000円サービスカレー100円を注文する。

066.JPG
かつて築地場内でとんかつなら「八千代」か「小田保」だった。
豊ちゃん」も人気店だったが、本格とんかつの店と言うよりは、
かつ丼、かつ煮の店という印象だった。
私はロースかつなら「小田保」の方が美味いと思っていたが、
「八千代」にはスパイシーなカレーというキラーコンテンツがあった。

069.JPG
注文から5分ほどで漬物の小皿が出て来る。
黄色くないタクアンと白菜、きゅうりの浅漬けが入る。

074.JPG
その2分後に定食が出来上がってくる。
穴子、アジ、ハモフライが一皿に盛られ、タルタルソースがたっぷりかかる。

094.JPG
アジフライは一尾だが見た目に厚みがあるのが分かり、
パン粉の目の粗いコロモをまとって、なかなか見映えがいい。

124.JPG
箸で身を二つに割り、半分をタルタルソースで、半分を醤油で食べる。

108.JPG
ハモフライは二切れ盛られている。

111.JPG
やはり箸で半分に割って断面を見ると、
しっかり身が骨切りされているのが分かる。

101.JPG
穴子フライは“一本揚げ”だ。

117.JPG
断面を見てもまずまずの身の厚さ。
タルタルソースより、醤油をほんのちょっと垂らすのが美味かった。
アジもハモも穴子も高温揚げの目の粗いコロモのサクッと感が
しっとりとしてフワッと軟らかい白身とよく合った。

123.JPG
そしてサービスカレー、いわゆるちょいがけカレーだ。
いかにもマサラ色の見た目に反さない、スパイス感のあるカレーで、
鶏肉、玉ねぎ、にんじんなどの具に混じって、
マスタードシードやタマリンドのようなものが認められる。
酸味と甘みの奥に追いかけてくる若干の辛さがある。
とんかつ屋ではなかなか味わえない種類のカレーだ。

058.JPG
久々にロースかつも食べたいし、カキフライも食べたい。
10月以降になったらまた来たい。

135.JPG
小田保にも行きたいし、トミーナにも天房にもやじ満にも行きたい。
豊洲市場内の宿題は多い。

とんかつ八千代とんかつ / 市場前駅有明テニスの森駅新豊洲駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 14:06| Comment(0) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。