2019年06月29日

魚菜 由良 鼎(大井町)…純米酒に土鍋ごはん

166.JPG
三店ある由良の中で3号店にあたるこの店ではコース注文を強要されない。
あまり量を食べられない我々夫婦にはそれがありがたい。
1ヶ月ほど前に電話で席を予約し、土曜の夕方、「魚菜 由良 鼎」に行く。

086.JPG
予約の17時半ちょうどに店に行くと、既に三組十数人の先客がいる。

076.JPG

078.JPG
カウンター席に座り、まずはドリンクを選ぶ。
ビールを飲んでから来ているので、いきなり日本酒を選ぶことにする。

090.JPG
田酒の特別純米からスタートだ。

082.JPG

084.JPG
料理メニューを見る。
品数はあまり多くなく、“日替り”的なおすすめメニューもない。

095.JPG
まずは先付が出される。
生海苔の煮こごり、ホタテの時雨煮、合鴨の辛味噌和え、
ヤリイカのわさび漬けの四品だ。
どれもとても美味かったが、わさび漬けと生海苔がとりわけ美味かった。

099.JPG
さて注文の一品目は本日の刺身780円、魚はイシガレイだ。
身が締まっていい食感の白身に田酒、最高だ。

106.JPG
二品目は生湯葉と豆腐のサラダ780円が出る。
生海苔、レタス、水菜、プチトマト、ねぎなどが盛られ、
醤油ベースに酸味の加わったドレッシングがかかる。

118.JPG
三品目は岩中豚のやわらか角煮880円が出る。

123.JPG
和風の甘めのタレで煮込まれた豚バラブロックの煮卵が盛られる。

128.JPG
四品目は金目鯛の塩焼き980円だ。
鯛のアタマ付きのカマの塩焼きだ。

133.JPG
ボリュームとしてはそれほどでもないが、脂ののっている箇所が多く、
目の周りのコラーゲン状の部分は旨味が強い。

138.JPG
五品目は地鶏の唐揚げ780円が出て来る。

153.JPG
小麦粉と片栗粉のミックスと思われれるコロモでカラッと揚がっている。
食べてみると鶏肉はしっとりとして旨味が閉じこもっている。

156.JPG
そして土鍋御飯980円だ。

161.JPG
雲丹、イクラ、鮭、カニから二つの具を選べる。
今回は鮭とカニを選んだ。
因みに前回は雲丹とイクラの土鍋御飯を食べている。

168.JPG
混ぜて食べる。
美味い。
基本となる出汁が美味いのだろうし、具の組み合わせも完璧だ。

174.JPG
「次も鮭とカニにしようね」とは妻の弁だ。

072.JPG
どの品もとても美味かった。
この日の会計は二人で8,500円ほど。
「次回は海鮮しゃぶしゃぶに挑戦してみよう」
なんて言いながら、約2時間の滞在後、店を後にした。

魚菜 由良〜鼎〜 由良3号店割烹・小料理 / 大井町駅下神明駅鮫洲駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 22:47| Comment(0) | 品川区 大井町、大井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。