2019年07月03日

バルピパル(西小山)…ならばインドカレーを出さなければいいのに

097.JPG
午前11時過ぎ、東急目黒線を西小山駅で降りる。
昼食は小麦の翼を考えていたが11時半の開店まで待つ気が起こらず、
そのすぐ近くにあり、すでに開店していて、しかもそこそこ評判がいい
ネパール料理店「バルピパル」に行くことにする。

082.JPG
11時15分頃の入店で全26席の店内に先客は女性二人組客一組のみ。

090.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター席に座り、メニューを見る。
ネパール料理店なので本来はダルバートを注文すべきなのだろうが、
日替わりカレーの内容を店員に聞くとマトンカレーだと言われ、
羊肉が苦手なためインドカレーのスペシャルセット1,200円を注文する。
5種のインドカレーから2つを選択できるので、
チキンカレーとダル(豆)カレーを選択し、辛くするようお願いする。
しばらくして、やはりネパール料理も食べておくべきだと思い直し、
ミニアラカルトメニューのチキンチョエラ380円を追加注文する。

088.JPG
すぐにセットドリンクのウーロン茶が運ばれてくる。

095.JPG
注文から8分ほどで
カレー二種、ナン、ライス、サラダが1プレートに盛られて出て来る。

103.JPG
ライスはジャポニカ米だ。
ダルバートにはインディカ米が使われるのだろうか・・・
食べてみると、チキンカレーとダルカレーは具が違うだけで味は一緒。
辛さはそれほど強くなく、ケチャップが入っているかのように甘い。
私は普段、インドカレーはナンよりライスで食べるのが好みだが、
ライスが軟らかくて粘り気があったので、ほとんどをナンで食べた。

113.JPG
その8分後にセットのタンドリーチキンとシークカバブが出て来る。
カレーを食べて、インド系メニューを選択したことに後悔していたので、
期待せずに食べたが、やはり予想通り。
特にタンドリーチキンはしっとり感や弾力がなく、平板な味わいだった。

119.JPG
チン!という音がしてしばらくしてチキンチョエラが出て来る。
待ちかねたネパール料理だから期待していたが電子音で幻滅。
作り置きと思われ部分的に冷たく、辛味やパンチに乏しかった。

084.JPG
きっと私は不満そうな顔をして食べていたのだろう。
「ウチはネパール料理の店だからネパールのカレーを食べてほしい」
と店員の一人が話しかけてきた。
そうすべきだったと思っていたところだったから、余計に気が沈んだ。
同時に、ならばインド料理を出さなければいいのでは、とも思った。

076.JPG
世にインネパ料理店が多いのは、インド料理の方が集客力があるからだ。
この店がインド料理を出すのもそんな理由からだろう。
本来タンドール料理のない南インド料理の店がナンを出すのと一緒だ。
私はプルジャダイニング、アーガンで本格ネパール料理に魅了された。
自信を持って本格ネパール料理に特化する店が増えてほしいと思う。
そしてランチだからといってチョエラをチンしないでほしい。

ネパール料理バルピパルネパール料理 / 西小山駅洗足駅武蔵小山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。