2019年07月23日

キッチンカナメ(三越前)…新たなるカツマサラを求めて

035.JPG
カツトッピング可能なスパイスカレーの店があるとの情報を得て、
向かったのは日本橋本町のオフィス街の一角にある「キッチンカナメ」。
食べログでは午前11時開店と表示され、その時間に店に行ってみると、
なんとそれは弁当販売開始時間で、店内飲食開始は11時40分とのこと。
まあ、よくあることだ。

031.JPG
なんとか近辺で時間をつぶしてから11時40分ちょうどに店に戻ると、
カウンターのみ全8席の店内に男性一人の先客が座っている。

014.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター上部の黒板に掲示されたメニューを見る。
ベースのカレーは一種と思われ、それに三元豚カツ、チキンカツ、唐揚げ、
白身魚フライ、揚げナス、炙りチャーシュー等のトッピングを加えられ、
更に“追いスパイス”によって辛さを増すことができる。
わがままカスタマイズが可能な魅力的なメニュー構成だ。

017.JPG
お得な日替りはこの日は三元豚カツカレー。
通常より100円+税分安くなっている。
三元豚カツカレー972円追いチキンカツ324円
そして最上位の辛さの自己責任追いスパイス216円を注文する。
本当は追い三元豚カツをいきたかったが、恥ずかしくて言えなかった。

016.JPG
すぐにもやしとキャベツのサラダが出て来る。

078.JPG
店は若い男性と女性の二人の店員によって切り盛りされている。
主人と思われる男性が調理や店内の配膳をすべて行い、
女性はテイクアウト客の応対を主に行っている。

040.JPG
注文から8分ほどで出来上がってくる。

044.JPG
カツは2枚が部分的に重なってカレーの上に並べられている。
下に敷かれたややコロモの色が薄いカツが三元豚カツであり、
コロモの色が若干濃いチキンカツが上にのせられている。

051.JPG
チキンカツは肉の厚みが0.7pくらい。
コロモは薄めについている。

057.JPG
ロースカツは0.5pくらいでコロモはやや厚め。
いずれのカツも肉だけのボリュームは80g程度だと思う。

062.JPG
カレーには粉状の唐辛子がたっぷり浮いている。
これが自己責任追いスパイスなのだろう。
ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎが具として認められる。

066.JPG
食べる。
カレーは粘度が強くないがまったくサラサラというわけでもない。
24種のスパイスが使われているそうだが、スパイスの刺々しさはない。
カルダモンの香りをほのかに感じる程度で、上手く丸まっている感じ。
むしろ牛か豚が煮込まれた肉の出汁のような味わいを強く感じる。

070.JPG
味がはっきりしているのでカツにもよく合う。
辛さはCoco壱番屋換算で5辛程度だ。

008.JPG
とても美味かった。
マサラというよりはスパイス感のある欧風カレーという印象だった。
もちろん辛いカツカレーを食べたくなったら必ず候補になるだろう。
若い主人の接客もよく、いい店に出会えた。
あとはイートインも11時に開店してくれれば言うことはないのだが。

キッチンカナメ欧風カレー / 小伝馬町駅新日本橋駅三越前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

posted by こここ at 15:27| Comment(0) | 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。