2019年08月10日

うち田(武蔵小山)…軽井沢小旅行の余韻を焼鳥を食べながら

231.JPG
12時半頃、佐久ICから上信越道に入り、途中高坂SAで休憩し、
まったく渋滞もなく15時半頃には家に着いた。
家で少々休んだ後、あらかじめ予約してあった「うち田」に行く。
約3か月ぶりの訪問となる。

179.JPG
予約の17時より5分ほど遅れて店に着く。
店内に先客はカウンター席の常連風男性一人客のみ。
但しいつも通り、17時半を過ぎるとほぼ満席となった。

170.JPG
家で休んでいる間に缶ビールを一本飲んでしまっているので、
スタートから日本酒にしようという話になる。

173.JPG
私はまつもと守破離750円を、妻は明鏡止水750円を選ぶ。
お通しはこの日はもずく酢だ。

175.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

182.JPG
さて、スタートはいつも通りささみワサビ220円から。
心なしかいつものようなボリューム感、ムチムチ感に欠けた。

197.JPG
しかし、続くねぎま220円はいつも通りのフォルム。
肉から弾け出る旨味も鉄壁だ。

186.JPG
続いて出たのは青とうがらし醤油漬け(辛)270円
串と串の合間の口直しにかじる感じ。
ガツンと辛くてさっぱりして、いいね。

190.JPG
更に登場は厚揚げ焼ハーフサイズ250円
前回よりも焼き目がついて香ばしくてとても美味かった。
この品、完全にレギュラーに昇格してしまった。

205.JPG
串三種目はぼんじり170円が出て来る。
この店にしてはやや小ぶりに感じる。

208.JPG
つくね220円はいつもは塩で二本注文するのだが、
この日はタレと塩を一本ずつにしてみた。
まずはタレが出る。

213.JPG
その数分後に塩が出て来る。
食べ比べてみれば、やはり塩が断然美味い。

224.JPG
ヤゲンなんこつ170円が出て来る。
やはり骨際の肉の厚みがいつもより乏しい気がする。
鶏肉にも季節や旬があるのだろうか。

227.JPG
続いて出たのはねっく220円
この日一番美味いと思ったのはこれだ。
旨味がギュッと詰まった感じで弾力のある食感も良かった。

238.JPG
ラストは前回美味さを知った魚肉ソーセージ200円

249.JPG
黒胡椒がかかったマヨネーズをつけて食べる。
焼いたはんぺんのような食感で、いい意味でチープな愉快な味わいだ。

252.JPG
ここで近くに入ってきた客がタバコを吸い始め、
残っている酒をさっさと飲んで退散しようという話になる。
全飲食店が全面禁煙になる日が早く来ることを切に願っている。

163.JPG
この日の会計は二人で5,400円。
相変わらず、帰るときには主人は一言も発さず・・・
まあいい。
ホスピタリティは最低であっても、
美味い焼鳥を粛々と食べて帰ればいい、という店だ。

うち田焼き鳥 / 武蔵小山駅戸越銀座駅西小山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。