2019年08月16日

一〇そば(駒込)…天ぷらが豊富な六文そば系路麺店

084.JPG
世はお盆休み真っ只中、今日も朝から都内を仕事で動き回る。
猛暑で全身汗だくだが、電車もバスも空いているのが救いだ。
14時45分頃、駒込駅近くで仕事に区切りがつく。
夏バテ気味でそばやうどんしか食べられないと思い、スマホで検索し、
でてきた路麺店「一〇そば」に行く。

065.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
店に着き、看板や店頭のメニュー表示を見て、
店名も含めて日暮里の一由そばとの類似性を感じる。
後で調べれば当店は一由そばの支店だったが、2008年に独立したのだそう。
一由そばといえば六文そばグループから独立した店だから、
この店もその系統ということになる。

075.JPG
入店すると、小さな店内に先客は若い男性一人のみ。

068.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター上のショーケースには種類豊富な天ぷらが並んでいる。
一由そばと同様にジャンボゲソ天や複数ダネの抱き合わせもの、
玉子天、ししゃも天などの変わり種がある。

070.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
ものによっては半分サイズで提供してもらえる。
冷やしうどん250円ジャンボゲソ天140円舞茸天60円を注文する。

080.JPG
注文から1分かからずに出来上がる。
同時にネギの入ったざるを渡される。

087.JPG
ネギをよそう際、ふと思い立って春菊天ハーフ50円を追加注文する。
一度出された丼を一旦返して加えてもらう。

106.JPG
食べる。
うどんは当然茹で麺で、ぼそっとした食感でつるつる感は乏しい。
ツユは色の濃さから察せられる通り、醤油が濃く塩っぱさが強い。
六文そば系のツユは鰹出汁の香りが強いのが特徴と言われるが、
冷やしであるせいか、あまり強く感じない。

103.JPG
主役とも言うべきジャンボゲソ天は色が濃く、
高温で揚げ過ぎなくらい揚げられている。
割ってみると、意外と小麦粉成分が少なくゲソがみっちり入っている。
その分食感は硬く、明らかに冷やしのツユとは合わない。
温かいツユでシナシナにして食べた方が絶対にいい。
イカは六文そば系だけにムラサキイカなのだろう。

099.JPG

094.JPG
春菊天と舞茸天も小麦粉成分は少なめだが、
素材のせいか食感はゲソ天ほど硬くなく、まだ冷たいツユとは合った。
但し、温かいツユとの方が合うことは間違いないと思う。

062.JPG
私は20代の頃、金がなくて六文そばでゲソ天そばばかり食べていた。
今は亡き三越前店や大門の交差点にあった店舗にはよく行った。
その頃よりもほんのちょっとだけお金を使えるようになった今、
トッピングの天ぷらを二個も三個ものせる大人買いをしている。
天ぷらの選択肢が豊富なこの店は、そんな欲求を満たしてくれる。
次回はどんなに暑くても、温かいそばを注文しよう。

一〇そばそば(蕎麦) / 駒込駅巣鴨駅西ケ原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。