2019年08月18日

Suage(渋谷)…早くも人気、札幌発の新進スープカレー店

027.JPG
今晩は横浜スタジアムでDeNA-広島戦観戦だ。
その前の腹ごしらえに渋谷のスープカレー店「Suage」に行く。
2007年創業の札幌本店は行列が絶えない人気店らしく、
5月に東京初進出店としてオープンしたのが当店である。
メディアに採り上げられること多数の話題店だ。

013.JPG
日曜14時50分の入店で全43席の店内は6割ほどの入りだ。
我々の後にも客の入店は途絶えず、人気店ぶりがうかがえた。
客層は土地柄若い人が多かったが、年配女性一人客も散見された。

008.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

010.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

012.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
基本のセットカレーを選び、ご飯の量、スープの種類、量、辛さ、
追加トッピングなどを決めていく、スープカレー店によくあるスタイルだ。
私はラベンダーポークの炙り角煮カレー1,350円、Suageスープ大辛、
中ライス(200g)にトッピングのブロッコリー100円を、
妻はパリパリ知床どりと野菜カレー1,300円、Suageスープ辛口、
小ライス(150g)を注文する。
注文後、黒い紙エプロンを渡される。

人気の源は肉、野菜などの素材を北海道産にこだわっていること。
米も北海道を代表する銘柄米「ゆめぴりか」に赤米を混ぜているという。
具の野菜は注文を受けてから素揚げするのだそう。

019.JPG
注文から10分ほどで二人の注文の品が全て一気に出て来る。

023.JPG
ご飯は北海道を代表する銘柄米「ゆめぴりか」に赤米を混ぜている。

015.JPG
ラベンダーポークの炙り角煮カレーに加わる具はブロッコリー以外に、
水菜、ジャガイモ、ニンジン、ナス、ヤングコーン、カボチャ、茹で卵。
水菜以外の野菜はすべて素揚げされているようだ。

036.JPG
ご飯をスプーンにのせてカレーを浸しに行く食べ方を店は推奨していて、
その通りの方法で食べる。
とても美味い。
スープは何となく一般的なスープカレーとはひと味違って感じるのは、
特殊なスパイスが使われているのか、或いは素材の素揚げのせいか・・・。
ブロッコリーはもちろん、ジャガイモもニンジンもいい甘味があって、
とても美味かった。
辛さはCoco壱番屋換算で4辛程度、もうちょっと辛くてもイケそうだが、
観戦中にお腹が痛くなるといけないと思い納得した。

034.JPG
ラベンダーポークは豚バラブロック肉で二切れにちぎれて入っていて、
恐らくトータルで100g程度のボリュームだと思う。
軟らかかったがあまりトロトロと言うわけでなく、適度に弾力があった。

018.JPG
妻の知床どりの野菜カレーには舞茸やピーマンが加わる。
鶏肉は素揚げされているようで、香ばしくて美味かったようだ。

002.JPG
なかなか美味かった。
今後スープカレーを食べたくなったら当然候補に挙がる店だ。
きっと既に平日のランチタイムは行列ができていることだろうし、
休日のナイター観戦の前にまた来たいものである。

043.JPG
さて、店を出て東横線で一路日本大通り駅へ。
お盆休み最終日だから恒例の勝祭、道路を封鎖して露店が並び、
特設ステージでは芸人たちが余興を行っている。

072.JPG
先発は今永。
神里のまねのバッティングフォームがいい。

075.JPG
広島ファンの応援は本当にすごい。

079.JPG
途中出場のロペスが初球をすくい上げてホームラン、今永が見事完封。
随所で痺れたけれど、とてもいい試合だった。

北海道スープカレー Suage 渋谷店スープカレー / 渋谷駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 23:00| Comment(0) | 渋谷区 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。