2019年09月10日

鳳林(元町・中華街)…中華街名物カレーはデカ盛りカツカレー

058.JPG
横浜中華街にはカレーが有名な中華料理店が何店かあり、
私はこれまで保昌同發北京飯店龍城飯店と食べ歩いてきた。
まだまだ行かなくてはいけないと思っている店がある。
そんな一店、「鳳林」に平日昼に行く。

025.JPG
午前11時頃、ちょうど店頭に看板が出され、“営業中”の札がかかる。
入店すると、既に常連風の男性一人客がテーブル席についている。

016.JPG

018.JPG

020.JPG

023.JPG

030.JPG

032.JPG

028.JPG
卓上のメニューや店内表示を見回すが、カレーの文字はどこにもない。
「あのー、カレーがあるって聞いて来たんですけど・・・」
女性店員に聞くと、メニューにはないがカツカレーがあるのだという。
ご飯の量が小、中、大から選べ、小でも400gあり、中、大と200gずつ増える。
値段はすべて一緒で、カツのサイズも変わらない。
もちろんカツカレー(小)950円+税を注文する。

042.JPG
加えて店のウリだというシウマイ700円+税も注文する。

027.JPG
私の後にどんどんと客の入店が続くが、カレーを注文する人はいない。
メニューに載せず、店内表示もしない理由は何なのだろう。
裏メニューの貴重さを演出しているのか・・・
因みにフロアの二人の女性店員はいずれも片言でない日本語を話していた。

061.JPG
注文から12分でランチサラダ、杏仁豆腐とともに出て来る。

049.JPG
「これ、小なんですか?」
思わず女性店員に聞いたほどのもの凄いボリュームだ。

065.JPG
色が濃く粘度のありそうなカレーには豚バラ角肉と玉ねぎが具として入り、
見た目から“中華のカレー”らしさを感じる。

073.JPG
カツはロース肉が使われ、肉だけで80g程度のボリュームだ。
形状から、出来合いの業務用冷凍カツである可能性もあると思った。

082.JPG
食べる。
美味い。
鶏ガラ出汁をベースにしているらしいが、極端な中華感は感じない。
もちろんスパイス感も強くなく、いい意味で中庸なカレーだ。
唐辛子と黒胡椒の辛さがほんのりと利いている。

087.JPG
カツともよく合う。

079.JPG
豚バラ肉は軟らかくてとても美味い。
もっとこれがゴロゴロと何個も入っていたらよかったのに。

097.JPG
注文から18分ほどでシウマイが出来上がってくる。
中の上くらいのサイズのものが四つ、蒸篭に入っている。

105.JPG
半分に割ってみると、豚挽肉に玉ねぎ、椎茸が練り込まれているのが分かる。
「味がついているのでそのままでも食べられます。」
と女性店員に言われていたが、やや甘めの味がついていて、
醤油と芥子をつけて食べた方が私は好みだった。

005.JPG
正直言って、カレーは食べきれなかった。
会計時に残したことを女性店員に謝って、店を出た。
二人の女性店員の接客はとても感じがよかったので、
石焼海鮮あんかけチャーハンなどの他の名物品を食べに来てみたいと思った。

鳳林中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。