2019年09月17日

鈴一(横浜)…立ち食いそばと言えば昔はこんな店ばかりだった

IMG_0310.JPG
明日は健康診断だ。
だから今日は酒も食事も控える。
午前中に立ち食いそば屋に行って本日の食事は終了だ。
横浜駅西口を出てすぐの「鈴一」に行く。

IMG_0304.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
午前10時20分頃に店に着き、券売機の前に立つ。
天ぷらそばにちくわ天をのせたい欲求をなんとか堪え、
天ぷらきしめん380円の食券を買い、店内の女性店員に渡す。

IMG_0320.JPG
ガラパゴス的な立ち食いそば店と言っていいい。
この領域は過渡競争で、通り一遍のスタイルでは生き残れないとばかりに、
そばは生麺にこだわったり、天ぷらのバリエーションを増やしたり、
様々な工夫を凝らしている店が多い、というかそれが当たり前になっている。
しかしこの店は、30年前によくあった立ち食いそば店のスタイルだ。
まず、座るところがない。
そして茹でそば使用で、揚げ物はかき揚げとちくわ天とコロッケしかない。
こんな店が生き残れている理由は、近隣にライバルが現れないことか。
だいたい界隈に富士そばも小諸そばもゆで太郎もない。
駅前という立地の良さも理由の一つではあるだろう。

IMG_0308.JPG
食券を渡してから1分もかからずに出来上がる。

IMG_0318.JPG
食べる。
私は幅広麺が大好きだ。
タリアテッレ、パッパルデッレ、センヤイ、刀削麺、びゃんびゃん麺・・・
だから立ち食いそば店できしめんやひもかわがあるとつい注文してしまう。
ツユはかえしの味が濃く、関東人好みのタイプと言える。

IMG_0321.JPG
天ぷらは昔ながらの立ち食いそば店の野菜かき揚げだ。
ツユの味が濃いのでしっかり浸してしなしなにして食べる。
サクサクの揚げたて海鮮かき揚げを出す立ち食いそば店が今や多いが、
こういうチープなかき揚げを食べるのもたまにはいい。
結婚したばかりの頃はお金がなくてこんなものばかり食べていた。

IMG_0326.JPG
なかなか美味かった。
でももう一度来るかと言われれば否だ。
やっぱりゲソ天とか春菊天なんかを選べる路麺店がいい。
この領域は本当に進化した。

きそば 鈴一立ち食いそば / 横浜駅平沼橋駅新高島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。