2019年09月19日

【閉店】apollon(参宮橋)…カツマサラを食べられる新店発見

001.JPG
京王バスに乗って参宮橋近辺を通過する際、
通り沿いに見えてきた飲食店の店頭表示に目を奪われる。
「でかとんかつ」「スパイススパイシー・・・カレー」
時刻は午前11時過ぎ、次の用事まで若干時間的な余裕がある。
参宮橋駅停留所でバスを降り、「apollon fujiki」に行く。

004.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
店に着くと、開店は11時半のようで、まだ10分少々時間がある。
無愛想な男性店員が店の前に水を撒いたり掃き掃除をしている。
やむを得ず、店頭の様々な表示を見ながら待つ。
でかとんかつは最大500gまで選べ、カツカレー用かつも300gまで選べる。
カレーは業務用ルー、小麦粉は一切使用しない自家製だと書かれる。
しかも辛さを増すこともできる。
カレーやとんかつ以外にもカルビ丼など魅力的なメニューがある。
ワクワクしながら開店を待つ。

021.JPG
11時34分頃に開店し、入店しカウンター席につく。
私の後に年寄り男性客など数人の男女一人客の入店が続く。

008.JPG
ランチメニューを見る。
平日昼はランチメニューからしか注文ができず、
店外で見た500gのでかかつや300gのかつのカツカレーは注文できない。
やむを得ずポークカツカレー980円+税を注文する。
店員に辛さを増すことはできるか聞くと、
「できますけど、そのままでもだいぶ辛いですよ」と言われるが、
引っ込みがつかないので、「更に辛くしてください」とお願いする。

014.JPG
店は日本人男性と南アジア系の男性の二人で切り盛りされる。
後で調べると、どうも際コーポレーションの運営店のよう。
もともとこの地でとんかつ店、肉料理店と業態を変えて店を運営し、
つい最近、おそらく本年9月に今の形に行きついたよう。
因みに隣には万豚記がある。

024.JPG

034.JPG
注文から10分ほどでポークカツカレーが出来上がってくる。
皿がデカく、なかなかのボリュームだ。

030.JPG
ラグビーボール状に成形されたライスに寄りかかるように、
イカフライのような形状のカツが三つ、盛られている。

081.JPG
卓上のカトラリーセットにナイフを見つけ、カツをカットしてみると、
肉の厚みは平均0.5pほど、おそらく一片が肉だけで約50gだと思う。
つまりランチのカツカレーは150gのカツがのっているわけだ。

044.JPG
カレーはスープ状とまでではないが、粘度は高くない。

073.JPG
具はよーく見るといろいろなものが溶け込んでいるのが分かるが、
目立つものはムング豆とレンズ豆のみだ。

067.JPG
食べる。
ひょえー、もの凄く辛い。
でもスパイス感に満ちてとても美味い。
辛さは単純にカイエンペッパーだけでつけられているわけではなさそう。
カツともよく調和して、スマッシュヒットのカツマサラだ。
但し、カツよりも分厚い豚バラ煮込みなんかの方が合いそうだと思った。

082.JPG
際コーポレーションの飲食店は30年近く親しんできたが、
久々に面白い業態の店が出てきたと思う。
是非、もっと電車のアクセスのいい場所に展開してもらいたいものだ。
思い立ってバスを途中下車してよかった。
いずれ夜に来てみたい。

アポロン 代々木店カレーライス / 参宮橋駅初台駅南新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 渋谷区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。