2019年09月20日

CURRY SHOP ECHIGOYA(富士見台)…精肉店が作るカツカレー、いい感じ

036.JPG
大泉学園でひと仕事終え、西武池袋線で富士見台駅へ。
生まれて初めて降りるこの駅に向かったのは、
以前から気になっていた「CURRY SHOP ECHIGOYA」に行くためだ。

019.JPG
開店時間の午前11時半ちょうどに店に行くと既に営業中で、
カウンター9席、テーブル2席の店内に先客は男性一人のみ。
しかし私の後に5人ほどの客が立て続けに入ってきた。

006.JPG
カレーはビーフカレーのみワンフレーバーで、辛さを増すことができる。
とんかつ、コロッケなどの揚げ物やステーキなどのトッピングが選べる。
カレー以外にステーキやカツなどの定食ものや丼ものもある。
スペシャルビーフカレー(大辛)700円国産特選豚ロースカツ270円×2
を注文する。
「大盛りの150円を払うのでルーだけ大盛にしてもらえますか?」
「わかりました、やります。」
ということで大盛り150円を追加注文する。

016.JPG
来てから知ったのだが、当店は精肉店が営んでいるカレー店だ。
肉屋のカレーと聞いただけで、フォン・ド・ヴォーなんかが使われ、
肉の旨味があふれているカレーを想像してしまう。
鮮魚店が営む寿司屋よりもワクワクさせられる。

011.JPG
しばらくすると、厨房からおばちゃん店員たちの声が聞こえてくる。
「カツは2枚のせるの?」
「大辛だっけ?」
「ご飯は大盛じゃなくていいの?」
普段、こんな複雑な注文をする客はいないのだろう。

045.JPG
注文から12分ほどで出来上がってくる。
やや大きめで深みのあまりないプレートに盛られてくる。

029.JPG
ロースカツは二枚がご飯の上にのせられ、カレーはカツにはかからない。

052.JPG
肉の厚みは最大1pほど、肉だけで1枚100g程度のボリュームだ。
高温揚げでコロモはハードめであり、肉からは剥がれにくくなっている。

085.JPG
脂身は比較的豊富についていて、1片を何もつけずに食べてみたが、
肉に臭みはなく、少々スジっぽく噛み切りにくい箇所はあったが、
カツカレーのカツとしてはまずまずのクォリティだと思った。

042.JPG
カレーはやや粘度があり、煮込まれて小さくなった牛肉片を始め、
玉ねぎ、にんじんなどの野菜が具として認められる。

056.JPG
食べてみると、大辛はCoCo壱番屋換算で3辛くらいか。
スパイス感はあまり感じず、際立った特徴はないが、
酸味は抑えられ、ほどよい甘さがあり、なかなか味わい深いカレーだ。
欧風でもインド風でも和風でもなく、よくできた日式洋食カレーという感じ。
カツともご飯ともよく合う。
但し、ルーはあまり多く感じなかったので、
ひょっとしたらルーのみ大盛りは忘れられたかもしれない。

086.JPG
とても美味いカツカレーだった。
アクセス上なかなか来れない場所だが、いずれまた来たい。
次回はカレーを大辛よりも辛くできるか聞いてみたい。
ロースカツは1枚にして、メンチカツなどをトッピングしてみたい。

カレーショップ エチゴヤカレーライス / 富士見台駅練馬高野台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


posted by こここ at 15:32| Comment(0) | 練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。