2019年09月27日

味噌麺処 花道(野方)…これが都内一と評判の味噌ラーメンか、と感心する

025.JPG
濃い味噌ラーメンを食べたい気分だ。
職場で随一のラーメン通のH君にそれを話すと、
「おすすめは断然、野方にある『花道』ですね。
朝から営業していて、11時までに行けば並ばないで入れますよ。」

005.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
職場から電車を乗り継ぎ、野方駅から4分ほど歩いて10時20分頃店に着く。
入店し、すぐ左手にある券売機の前に立つ。
味噌ラーメン850円チャーシュー増し200円味玉100円の食券を買う。
私は味噌ラーメンにバターをトッピングするのが好きだが、
バターのボタンは見当たらなかった。

006.JPG
食券を店員に渡し、全6席のカウンターの一番奥の席につく。
先客は男性一人客ばかり4人だが、私の後にも次々に客の入店が続く。

010.JPG
店は二人の若い男性によって切り盛りされている。
恐らく入口近くで鍋を振って炒め物をしている男性が主人だろう。

027.JPG
注文から10分ほどで出来上がり、カウンター越しに渡される。
こじんまりした丼で出され、ボリュームはあまり多くなさそうだ。

020.JPG
具はチャーシューと味玉以外に太いメンマともやしのみとシンプルだ。

038.JPG
チャーシューは厚みのある豚バラ煮で、中華の脆皮焼肉のような形状だ。

041.JPG
食べる。
麺は黄色い縮れ中太麺だ。
表面は粉っぽさが残り、ゴワッとして独特な食感の麺である。

053.JPG
スープはポタージュ状とまではいかないが成分が濃くややどろっとした感じ。
「げん骨で最初ダシを出して、その後、豚足、鶏の胴がら、もみじ、鶏皮、
背脂、玉ねぎとジャガイモを入れて7時間くらい炊く」のだそうだ。
またかえしダレはなく、「ラードとニンニクと味噌を中華鍋で焦がして
香りを出して、山椒もちょっと入っている」
「味噌は宮坂醸造のみこちゃん味噌という庶民派の信州味噌を使っている」
とのことだ。
(情報はすべてWebサイト「キンキンラーメン道」より、以下リンク)

058.JPG
近年よくあるベジポタ系味噌のような甘ったるさはまったくない。
豚骨っぽい味わいを感じるが臭みはない。

049.JPG
チャーシューは弾力があって食べ応えがある。
今どきの味噌ラーメンは豚バラロール薄切りのほろほろタイプが多いが、
こういう力強い豚バラチャーシューの方が濃厚スープに合うように思う。

056.JPG
私は本来は札幌系の味噌ラーメンが好きで、
味噌でももうちょっとすっきりしたタイプのスープが好みだが、
今どきの濃厚タイプの味噌としてはなかなか美味いと思った。

003.JPG
もしまた来ることがあったら、辛味噌を食べてみたいと思う。
因みに今年これが私が食べた六杯目のラーメンとなる。
今年は一年間で十杯食べなさそうだなぁ。

味噌麺処 花道ラーメン / 野方駅都立家政駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 12:50| Comment(0) | 中野区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。