2019年10月12日

銀座テルミニ(東銀座)…変革の予感

057.JPG
びっくりした。
7月以来、久々に行ったら馴染みの店員さんが辞めていて、
代わりに新しいスタッフが加わっていた。
約3カ月半ぶりの「銀座テルミニ」である。

014.JPG
台風のため前日の営業が中止となり、予約は本日にスライドしてもらった。
17時半に店に着き、すぐに地下の「せせらぎ」でボトルワインを選んだ。

017.JPG
そのボトルが出る前に、サービスでグラススパークリングが出る。
予約キャンセルのお詫びだと言われ、嬉しいサービスだとは思ったものの、
生命の危機を想定すべき台風の来襲で都内の交通網がほぼストップしたわけで、
店のせいではないからそこまで気を遣わなくても、と思ったりもする。

035.JPG
因みに選んだボトルはカリフォルニアのカベルネソーヴィニヨン。
廉価ながらなかなかの飲みごたえで、
あらためてこの店の3,000円台のボトルワインはバカに出来ないと思った。

042.JPG
フードメニューを見るといつになく新メニューが多い。
スタッフの入れ替わりと無関係ではなさそうだ。

019.JPG
さて、この日の料理一品目は柿と生ハムのサラダ1,180円だ。
妻は季節の果物がのるこのイタリアンなサラダが大好きだ。
私もこの店のサラダ以外に果物を食べる機会がほとんどない。

031.JPG
その直後に峰屋の絶品バケットが出て来る。
食べ過ぎないように注意しながらちょっとずつ食べる。
(絶対に出てきた分は全部食べてしまうのだけれど・・・)

053.JPG
続いてはメイン、牛ホホ煮込みのカツレツ2,550円、新メニューだ。
赤ワインでじっくり煮込んだ牛頬肉をチーズパン粉のコロモをつけて
揚げ焼きにされたのだという。
グリル(ロースト?)された玉ねぎ、しめじなどの野菜が添えられる。

066.JPG
これがとにかく美味い。
肉を煮込んでとった出汁をベースに香味野菜の味が加わったソースが、
ややクセのある味わいのホロホロの牛頬肉や香ばしいハードなコロモと
よく合うのだ。

081.JPG
〆のパスタはもちろんさんまのスパゲティ2019、1,680円

089.JPG
「2018からの変更点は?」と新しいスタッフさんに聞くと、
パン粉にガーリックに加えてアンチョビ味が加わったことだという。

096.JPG
本来はシチリア島の伝統のパスタ料理で、イワシが使われるそうだ。
松の実やトマト、レーズンが入り、イタリアンパセリが散らされる。
これは毎年、必ず食べなければならない品なのだ。

001.JPG
この日の会計は二人で9,790円。
変革の予感だ。
まだまだ新メニューが出てきそうだし、
定番メニューもアレンジされていきそうだ。
変わらない良さと変わっていく良さをバランスよく持っているって、
難しいけれど大事なことなのだと思う。
次回がとても楽しみだ。

テルミニイタリアン / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。