2019年10月18日

東京ドミニカ(新宿三丁目)…具が寂しく見えるのはスープ大盛りのせいなのか

044.JPG
ここのところスープカレー熱に火がついている。
と言っても都内に魅力的なスープカレー店はそれほど多くない。
平日の午前、四谷でひと仕事終えた後、丸の内線で新宿三丁目へ。
向かったのは未訪の「東京ドミニカ」である。

020.JPG
午前11時半ちょうど、丸井の裏手に店を見つけるが、まだ開店前。
4分ほど待って若い女性店員が出て来て店頭のシャッターが上がる。
階段を下りて地下の店内に入り、カウンターの一番奥の席につく。

013.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
卓上にはランチ限定用メニュー表のみが置かれている。
豚角煮が入るスープカレーを食べたいのだが、そこには掲載されていない。

006.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
店員に聞くと、グランドメニューにポークスープカレーがあり、
昼も注文できるがサラダやドリンクとのセットにはできないという。
ポークスープカレー1,200円スープ大盛200円を注文する。
スープは5種の中からスタンダードな“黄”を選ぶ。
辛さは、一般にスープカレー店の辛さはきつくない印象があるので、
一番辛い10番306円を指定する。

016.JPG
札幌の人気スープカレー店「ドミニカ」からの暖簾分け店だそうだ。
京橋にある「札幌ドミニカ」も同様だが、両店はまったくの無関係らしい。

023.JPG
4分ほど待って出来上がってくる。

032.JPG
スープは酸辣湯のような明るい煉瓦色で、
スープを大盛にしているせいか、具が沈んで目立たなくなっている。
野菜はかぼちゃ、なす、インゲン、ニンジン、ピーマンに水菜が入る。
一般的な店のスープカレーに比べ、種類も量も乏しい。

052.JPG
豚角煮は小片が4個ほど入る。
これも量としてはかなり乏しい。
煮込みすぎて小さくなってしまったのだろうか。

060.JPG
ご飯は長短ブレンドのターメリックライスだ。

064.JPG
スプーンにライスを盛り、スープに浸して食べる。
ひょえー、死ぬほど辛い。
辛さ10番は絶対にやりすぎだった。
辛さは細かくカットされたピッキーヌによるものだろう。
ベースにはカイエンペッパーが入っているとは思うが。
但し辛さが直線的に来るだけで、スープの味に深みは感じられない。
スープカレーは本来、コクのようなものを求める食べ物ではないだろうが、
それにしても味わい深さがない。

010.JPG
私が店を出る11時45分頃には店内はほぼ満席になっていた。
客層はOL風の女性が多く、一人客もそこそこいた。
新宿界隈に札幌スタイルのスープカレーを出す店が他にないので、
客が集まるのではないかと思う。
近々、京橋のドミニカに行って、諸々比較をしてみたい。
店員たちの接客の冷淡さも含めて。
この日の料金はどういう計算なのか、1,741円だった。

東京ドミニカスープカレー / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

posted by こここ at 16:55| Comment(0) | 新宿区 新宿、大久保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。