2019年10月22日

ヒカリノアトリエ(武蔵小山)…スパークリングの注ぎ方がケチ臭いビストロの新店

033.JPG
一杯目にグラススパークリングを注文すると、
若い女性店員がボトルを持ってきて、まず妻のグラスにいっぱいに注ぎ、
続いて私のグラスに注ぐと、中途半端なところでボトルが空になる。
女性は「ハイ!」と威勢よく、“これで終わり”と宣言するように声を上げ、
空のボトルを持って去っていく。
この時点でこの店のホスピタリティの質が完全によく分かった。
武蔵小山パルム商店街の外れの新店「ヒカリノアトリエ」である。

028.JPG
だいたい先に入った2人組の飛び込み客を広い4人用席につかせ、
後から来た予約客を狭い2人用席に入れているのも印象は良くない。
予約してくるメリットがあまりないということになる。

013.JPG

017.JPG

018.JPG

023.JPG

026.JPG

052.JPG
メニューを見ると、奇をてらった料理がないビストロという感じ。
よくあるカジュアルなワインバーと言っていい。

036.JPG
お通しはパンが出る。
お通し代は一人300円+税だ。

この日注文した料理は以下の通り。

041.JPG
パテ・ド・カンパーニュ500円+税、小ぶりなタパス。

053.JPG
シャインマスカットと生ハムのパワーサラダ880円+税
器による視覚効果でボリューム感があるが、実際は大した量でない。

069.JPG
ブロッコリーとローストポテトのガーリックオイル煮680円+税
いわゆるアヒージョ、お通しがパンだったので注文した。

073.JPG
アンガス牛のステーキ〜赤ワインとフォン・ド・ボーのソース〜1880円+税

091.JPG
脂身がほとんどない赤身肉で、マッシュポテトが下に敷かれる。

063.JPG
途中で注文したグラス赤ワインは品切れだったため、
サービスで残り少ない赤ワインをグラスで出してくれた。
これで先程の若い女性店員のケチ分は帳消しという感じか・・・

093.JPG
18時を過ぎるとそれなりに客が入ってきてテーブル席の大半がうまった。
隣席の親子らしき男性二人組客が、終始まったく目を合わさず、
無言で食事をしていたのが印象的だった。

009.JPG
この日の会計は二人で7,540円。
料理の特徴に乏しくコストパフォーマンスも高いと思わない。
ずばり、面白みを感じない。
今のところ、それなりに客は入っているようだが、
以前よりなかなか飲食店が繁盛しにくい立地のように思う。
今後のひと工夫を期待したい。

カフェ&グリル ヒカリノアトリエカフェ / 戸越銀座駅武蔵小山駅戸越駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 22:11| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。