2019年10月26日

GONZO(目黒)…和牛のビステッカに身体中がとろける

045.JPG
「最近ピザ食べてないね。」
という妻の言葉はつまり、ピザ屋に連れてけ、という命令である。
探すと、目黒駅近くにピッツェリアがオープンしたことを知る。
三週間ほど前に食べログからネット予約をし、
「ピッツェリア&トラットリア GONZO」に行く。

016.JPG
予約の17時半よりも5分ほど早く着き入店すると、
すぐに窓側の4人用丸テーブル席に案内される。
全66席という店内はピッツェリアというには落ち着いた大人の雰囲気だ。

035.JPG
窓の外にはテラス席が4卓ほどあり、恐らく喫煙可なのだろう。

020.JPG
ドリンクはPEROFINO3,900円+税というトスカーナのボトルを選択。
葡萄はサンジョベーゼ、シラー、カベルネソーヴィニヨンだ。
樽香はないが凝縮感があってなかなかの飲みごたえ。
市価は1,900円ほどだからコストパフォーマンス高く、値付けもまずまず。

009.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

011.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

014.JPG
メニューを見ると、ピッツァはもちろんだが、
加えてビステッカ、牛肉の炭火焼きが店のウリであることが分かる。

023.JPG
料理一品目はマッシュルームとペコリーノのサラダ980円+税が出る。
スライスされたフレッシュマッシュルームとサニーレタスに
削りおろしたペコリーノロマーノがたっぷりかかる。

049.JPG
二品目はビステッカの中からザブトン200g3,000円+税を選ぶ。
バルサミコが入ったオリーブオイルが添えられる。

053.JPG
軽く粗塩をが振られ、そのまま一口食べてみると、
肉の旨味、脂身の甘味が口の中いっぱいに広がり、
そして軟らかく、すっと溶けるようになくなっていく。
強烈に美味い。

061.JPG
三品目はピッツァ、クアトロフォルマッジ1,480円+税である。
モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、リコッタ、グラナパダーノに加え、
生クリームがトッピングされるとメニューで説明される。
一般的なクアトロフォルマッジに使われるパルミジャーノの代わりに
グラナパダーノが使われているのはいいとして、
タレッジョの代わりにリコッタが使われるということは、
ウォッシュタイプのチーズは入らないということになる。
リコッタが使われるクアトロフォルマッジは過去にも見かけたことがある。

068.JPG
食べてみると、かなりゴルゴンゾーラの主張が強い味になっている。
タレッジョでなくリコッタだとクセが弱くて対抗できず、
ゴルゴンゾーラに独走されてしまうのかな、なんて思ってみたりする。

076.JPG
〆に注文したのはカチョエペペ1,180円+税
ペコリーノと黒胡椒がかかったペペロンチーノスパゲティだ。

096.JPG

102.JPG
ペコリーノを全体に混ぜて食べる。
細めのスパゲティが使われ、食感も味わいもまずまず。
野菜、肉、ピッツァの後だからこういうシンプルなパスタが〆にはいい。

005.JPG
料金は二人で11,590円。
和牛を食べてしまうとどうしてもこのくらいの値段になってしまうが、
正直言って、和牛のビステッカは絶対に外せない品だと思った。
大衆ビストロジルなどを展開するジリオンという会社の運営店とのこと。
この会社の運営店は目黒や五反田界隈に多いようだ。
また来たいし、大衆ビストロジルにもいずれ行ってみたい。

ピッツェリア&トラットリア ゴンゾ 目黒店イタリアン / 目黒駅白金台駅不動前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 品川区 上大崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。