2019年10月29日

Suage(東京)…渋谷店よりボリュームも接客も1割減の都内2号店

028.JPG
仕事の合間に丸ビルで用事を済ませた後、遅めの昼飯をと考える。
気分はスープカレー、京橋の札幌ドミニカまで歩きたいところだが、
あいにくの雨天でそこまでの気力がない。
ならば丸ビルから地下通りで行けるブリックスクエアに最近オープンした、
北海道発、都内2店舗めの「Suage」に行くことにする。

012.JPG
15時10分頃の入店で全26席の店内に先客は5人ほど。
テーブルはがら空きなのに、一人だと強制的に狭いカウンター席に導かれる。

005.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューは渋谷店とそれほど大きくは違わない。
値段は一見、消費増税分が加算された程度の違いしかないようだが、
実際は、渋谷店は内税だったの対し、この店は消費税を加算して取られる。

009.JPG

011.JPG
ラベンダーポークの角煮カレー1,380円エビスープ150円で、
スープ大盛り100円で辛さは大辛で注文する。
プラス料金で海老出汁スープを出すスープカレー店は多いが、
注文するのは初めてだ。

014.JPG
注文から10分ほどで出来上がってくる。
「これ、スープ大盛りですか?」
「ハイ。紙エプロンは使いますか?」
紋切型の接客だ。

033.JPG
スープカレーの具はかぼちゃ、キャベツ、ジャガイモ、ニンジン、ナス、
ヤングコーン、

039.JPG
そして豚角煮だ。
煮込んだ後に炙られたと思われる豚角煮は
60g程度のものと40g程度のものの2片が入る。
スープの量も豚角煮のボリュームも明らかに渋谷店より乏しい。
ブリックスクエアのテナント料が高いのだろうか・・・

024.JPG
ご飯は渋谷店と同様、銘柄米「ゆめぴりか」に赤米を混ぜている。

054.JPG
食べる。
確かに若干、海老の殻からとったような味わいがある。
但しほんの僅かだ。
何か劇的に違うという印象は受けない。
大辛の辛さは心地よく食べられるレベルだった。

002.JPG
スープは北海道から運んでいる、と聞いたことがあるので、
恐らく基本的な味は渋谷店と変わらないのだと思う。
スープカレーは見た目の華やかさも魅力の大事な要素だ。
たっぷりのスープに彩り鮮やかな具材がごろごろと顔をのぞかせる、
リッチな気分にさせるのがこの料理のキモと言っていい。
渋谷店で感じた魅力をこの店では感じることができなかった。
1,630円も払ってみじめな気持ちになった。

北海道スープカレー Suage 丸の内店スープカレー / 二重橋前駅有楽町駅日比谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

posted by こここ at 18:00| Comment(0) | 千代田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。