2019年11月05日

洋食 ZORO(平塚)…三種のカツにおまけものるカツカレー

IMG_6480.JPG
出てきた瞬間に笑ってしまったカツカレーは今まで二つある。
そしてこの日、また新たにシビれるカツカレーに出会った。
平塚の「洋食 ZORO」においてである。

IMG_6464.JPG
平塚駅北口から10分近く歩き、午前11時47分頃に店に着く。
入店すると満席で、レジ前の椅子に座って待っていると、
すぐにカウンター席が空き、待ち時間約3分で席につくことができた。

IMG_6461.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
この店に来たのは2016年1月以来の二度目。
前回はデラックスグリルドミックスなる当店で最も高額な定食を食べたが、
正直言って量だけが取り柄で質を伴っていないと感じた。
そのことを平塚在住の旧友K君に話すと、残念そうな顔をしつつ、
「また行く機会があったらカレーを、できれば三色カレーを食べてほしい」
と言われていたのである。

IMG_6462.JPG
お得そうな日替わりメニューにも惹かれたが、
初志貫徹、三色カツカレー(ヒレ・チキン・メンチ)950円を注文する。

IMG_6474.JPG
店は調理を一手に行う男性とその補助や配膳を行う4人の女性の、
合計5人の店員によって賄われている。
私が入店した直後から外待ち客ができたようだったが、
カウンター席は回転がよく、一人客はそれほど待たずに席についていた。

IMG_6467.JPG
注文後すぐにポタージュスープのカップが出てくる。
コーンにジャガイモも加わっていそうな味だ。
無料でおかわりができ、ほとんどの客がしていたが、私はしなかった。

IMG_6489.JPG
注文から11分ほどで三色カツカレーが出来上がってくる。
一目で、トッピングのカツのボリュームに圧倒される。

IMG_6493.JPG
中央にチキンカツが、その左にメンチカツ、右にヒレカツがのっている。
三つ合わせて肉だけで、恐らく300g以上のボリュームはありそうだ。

IMG_6514.JPG
更におまけでハーフコロッケと

IMG_6532.JPG
ハーフナスはさみ揚げがのる。
とにかく客にたっぷり食べてもらおうという店のコンセプトが窺える。

IMG_6523.JPG
食べる。
カレーは粘度があってもったりとしている。
目立った具はなく、濾されているように滑らかな食感だ。
煮込まれた野菜から出たような甘みを感じ、辛さはわずかに感じる程度。
昔ながらの定食屋、庶民派洋食店のカレー、という印象だ。

IMG_6502.JPG
はっきりとした味のあるカレーなので、揚げ物との相性もいい。

IMG_6516.JPG

IMG_6508.JPG
厚みのあるチキンカツやヒレカツはそれ自体がさっぱりとした味で、
そのまま食べるよりもカレーと合わせる方が絶対美味いだろうと思った。

IMG_6506.JPG
一方で牛豚合い挽き肉で作られたと思われるメンチはそれ自体が甘めで、
甘いカレーと合わせるより、そのまま食べるのがいいように感じた。
合わないことはなかったけれど・・・

IMG_6459.JPG
K君が言った通り、三色カレーはなかなかの満足感だった。
多くの指摘の通り、この店ではグリルものより揚げ物を食べる方がいい。
次は是非、ロースカツがのるカツカレーを食べたい。
一目で笑ってしまうカツカレーにもっと出会いたい。

洋食 ZORO洋食 / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。