2019年11月12日

スープカレー KIFUKU(関内)…鎌倉・三浦野菜がふんだんに入るスープカレー

IMG_6804.JPG
プロ野球のシーズンが終わると、関内駅周辺に来る機会はめっきり減る。
この日、わざわざ、その関内駅にやって来ようと思ったのは、
一昨年にオープンしたという札幌スタイルのスープカレー店「KIFUKU」に
行くためである。

IMG_6754.JPG
駅南口近くの古びたオフィスビルの地下1階にある。

IMG_6848.JPG
ビル地下1階に降りてみると、「本当にこんなところにあるのかよ」
と思わさせられる雰囲気だが、ちゃんとある。

IMG_6780.JPG
13時45分の入店で、全22席の店内に先客は7人ほど。
複数の一人客が4人用席を占拠していたりするので、空席は少ない。
2人用テーブル席に座り、メニューを見る。

IMG_6761.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_6763.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
スープカレーメニューに豚バラ角煮が入る品がなく、
やむを得ずフィッシュフライと10品目野菜のスープカレー1,200円を、
レギュラーチキンスープ、スープ量1.5倍200円、辛さ大辛(20倍)、
ごはんM(200g)で、
そしてトッピングメニューの中から豚角煮350円を注文する。

IMG_6782.JPG
グランドメニューには“店のこだわり”が書かれている。
丁寧に出汁を取り、香味野菜などを煮込んでできたスープに、
薬膳効果のあるスパイスを独自にブレンドし加えている、というくだりは、
他の多くの札幌スタイルスープカレー店とあまり変わらない。
この店の売りは、なんと言っても鎌倉・三浦野菜を使用していることだろう。

IMG_6783.JPG
注文から10分ほどで出来上がってくる。

IMG_6807.JPG
スープカレーは具が水菜、さつまいも、ジャガイモ、かぼちゃ、ニンジン、
レンコン、ブロッコリーに、なぜか天ぷら状のごぼうなどに加え、

IMG_6808.JPG
鎌倉野菜と思われる珍しい二十日大根が入っている。

IMG_6812.JPG
フィッシュフライは魚の種類は分からないが、とにかく小さい。
ほっともっとののり弁の白身魚フライよりも小さい。
ご飯はジャポニカ米の白米に麦飯を混ぜたものだと思われる。

IMG_6838.JPG
スプーンにごはんをよそい、スープに浸して食べる。
一般的なスープカレーに比べ、ややサラサラ感は乏しい。
煮込まれた野菜の甘さがしっかり出た家庭カレーの味わいに、
刺々しさのない丸まったスパイスが加わって調整されたというイメージだ。

IMG_6821.JPG

IMG_6828.JPG
トッピング豚角煮は小片が3〜4個ほどスープの中に沈んでいる。
脂身豊富で美味かったが、もうちょっとボリュームが欲しかった。

IMG_6841.JPG

IMG_6844.JPG
小ぶりなフィッシュカレーをスープに浸して食べる。
白身魚でややクセがあったが、スープカレーとはよく合った。
フィッシュフライをトッピングとして出すスープカレー店は多い。
きっと札幌にそれをやったオリジナル店があるのだろう。

IMG_6758.JPG
店員の接客姿勢も心地よく、とてもいい店だと思った。
14時を過ぎても客足が続くのは理解ができる。
次回は鎌倉・三浦野菜を16品目楽しめるスープカレーを選びたい。
来春以降、DeNA戦観戦の前後に妻を連れて来たい。

スープカレー KIFUKUスープカレー / 関内駅伊勢佐木長者町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。