2019年11月13日

蕎麦一心たすけ(東京)…立ち食いそば屋で天丼、がクセになってきた

IMG_6867.JPG
午後からの出張に備え、東京駅に出る。
まだ時間は早いが、出張先で何があるか分からないから、
先に昼食を済ましておこうと考える。
この時間なら路麺に限る、と八重洲北口を出て日本橋方面へ。
よもだそばのにら天やよもだカレーにも惹かれたが、
なんとなく気分で、隣の「蕎麦一心たすけ」に行く。

IMG_6857.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
券売機の前に立つ。
この店の券売機には天ぷらダネが明記されず、天ぷら単品のボタンもない。
そばやうどんに天ぷらを一種のせれば450円、二種なら550円である。

IMG_6858.JPG
遠巻きにカウンターに並べられた天ぷらを見る。
この時点で、そばを食べるつもりだった気持ちが急に天丼に変わる。
最近こんなことが多い・・・と言うか、クセになっている。
天丼630円の食券を買い、カウンターに出す。

IMG_6864.JPG
カウンターで天丼の内容を聞くと、えび天が二本のると言われる。
そこで現金で舞茸天100円いか天100円の追加をお願いする。

IMG_6869.JPG
午前10時50分、店内にはサラリーマン一人客ばかり6人ほどがいる。
隣のよもだそばの客入りもだいたい似たようなものだった。
私は一心たすけには三田店、そして今は無き大門店にも行ったことがある。
いずれにおいてもゲソ天が入るそばを食べたが、この店にゲソ天はない。

IMG_6870.JPG
注文から2分ほどで出来上がる。
なかなかの見映えだ。

IMG_6875.JPG
一番上にのった舞茸を持ち上げると、
二本のえび天と長いイカ天が整列している。

IMG_6878.JPG
食べる。
丼ツユはやや甘めのオーソドックスなもの。
天ぷらは丼ツユにくぐらせずにご飯の上にのせられているので、
サクサクとした食感が残っている。
舞茸天は舞茸がみっちり詰まっている。

IMG_6884.JPG
えび天は立ち食いそば屋としてはかなり大ぶりで、
よくあるコロモだらけのえび天ではない。
830円でこの天丼を食べられるのならまったく文句はない、という内容だ。

IMG_6854.JPG
そばやうどんだったらえび二本にイカと舞茸では多かっただろうが、
ご飯だとそう感じないのは何故だろう。
この日の出張は一泊で、明日の昼にはまた東京駅に戻ってくるから、
気が向いたらよもだそばに寄ろうかな、なんて思いながら駅に向かった。

蕎麦一心たすけ 日本橋店そば(蕎麦) / 日本橋駅三越前駅東京駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。