2019年11月14日

ほろよい(上板橋)…刺身も天ぷらも寄せ鍋も驚愕の盛り

IMG_6961.JPG
今晩は待ちに待った「ほろよい」だ。
あるWebサイトでこの店の刺し盛りの画像を見て、一瞬で心を奪われた。
ここ数日の間その画像が夢に出てくるほど、楽しみにしていたのだ。

IMG_6957.JPG
東武東上線上板橋駅の改札で妻と待ち合わせ、駅北口から10分近く歩く。
開店時間の18時ちょうどに着き、店内に入ると、
待ち合わせていた上板橋在住の先輩Kさんとその奥様は到着済みだ。
さっそく瓶ビール2本を注文し、乾杯。
お通しはほうれんそうのお浸しだ。

IMG_6967.JPG
この店のことを知って、すぐにKさんご夫妻に声をかけると、
二人ともこの店のことを知らなかったが、二つ返事で賛同してくれた。
電話で予約を入れた際、刺身盛り合わせと寄せ鍋をあらかじめ注文したが、
「用意しておきますので、絶対にキャンセルしないでくださいね。」
なんて、店のおかみさんに言われていた。

IMG_6959.JPG
入店から4分ほどでさっそく刺身盛り合わせが出てくる。
待ちに待った瞬間・・・夢が現実になった!
期待に十分応える圧巻の内容だ。

IMG_6965.JPG
かつお、ブリ、スズキ、北寄貝、赤貝、ヒモ、中トロ、タコ(の吸盤)、
イカ、鯛、サクラエビといった内容。
どのネタも人数分以上盛られ、興奮と歓喜の悲鳴を上げながら食べる。

IMG_7022.JPG
もちろんさっさとビールを飲みほして日本酒に移る。
越後杜氏という本醸造の酒を常温でもらう。

IMG_6975.JPG
刺し盛りが4分の3ほどなくなった頃、寄せ鍋が出される。

IMG_6977.JPG
これまたものすごい内容だ。
ブリ、金目鯛、海老、ハマグリ、牡蠣に豆腐や白菜などなど。
「この魚、何ですか?」とおかみさんに聞くと、
「サカナです。」・・・

IMG_6970.JPG
更に「鍋に入りきらなかった」というものが大皿で出てくる。
タラ、タラの白子、ハマグリ、イカ、ホタテなどである。

IMG_6986.JPG
〆の雑炊の前に一品挟もう、という話になり、天ぷら盛り合わせを注文する。
大皿に玉ねぎ、レンコン、アスパラ、ナス、みょうがなどの野菜類が入る。

IMG_6994.JPG
「さっきのは野菜ばかりだったので」と、もう一皿出てきて、
その盛りの見事さに4人とも一斉に歓声を上げる。
海老、イカ、ワカサギ、穴子、舞茸、しし唐などが盛られる。

IMG_6996.JPG
なんというサービスの良さなのだろう。
私と妻だけならこの天ぷら一皿だけでお腹一杯になりそうだ。

IMG_7000.JPG
ここで再度鍋が卓上に出され、〆の雑炊づくりに入る。

IMG_7014.JPG
頃合いを見てKさんの奥様が溶き卵と三つ葉を投入し完成だ。

IMG_7020.JPG
食べる。
醤油も塩も何も入れずとも出汁の味だけで十分。
あれだけたくさん魚貝が入っていたから、美味くならないわけがない。
この時すでに21時半を回っていて、普段なら糖類の摂取を控える時間だが、
美味すぎてついおかわりをしてしまう。

IMG_7012.JPG
雑炊の付け合わせ用に白菜の漬物が出されている。

IMG_6953.JPG
どの品も驚愕の盛りで、日本酒の徳利も何本も注文しているので、
会計がちょっと怖かったが、蓋を開ければ4人で19,800円。
信じられないリーズナブルさ、コストパフォーマンスだ。
大興奮、大満腹に加え、会話も盛り上がり大爆笑、大満足の一夜となった。
この店にはかつ煮など常連しか注文できない品があるのだという。
家が近いKさん夫妻は常連になることをおかみさんに高らかに宣言していた。
店を後にし、再度同じメンバーで来ようと誓い合い、
上板橋駅近くの踏切の前で解散となった。

ほろよい居酒屋 / 上板橋駅東武練馬駅

夜総合点★★★★ 4.1


posted by こここ at 23:00| Comment(0) | 板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。