2019年11月30日

Bistro-SHIN 2(目黒)…2号店限定と言われると注文せざるを得ない

IMG_7678.JPG
私も妻もたまりすぎて家に持ち込んだ仕事を朝から黙々とこなす土曜日。
寒いから用もないのに出かけたくない、という気持ちもあるのだが。
夕方になっておもむろに着替え、東急線で目黒へ。
権之助坂を下り、店が近づいてくると徐々にワクワク感が高まってくる。
約1ヶ月ぶりの「Bistro-SHIN 2」である。

IMG_7639.JPG
予約の17時半に店に行くと、早くも盛況だ。
馴染みの店員さんに奥の椅子席に案内される。

IMG_7644.JPG
ドリンクは飲み慣れたセラボロ3,950円+税を注文する。
オーストラリアのシラーズ赤スパークリング、CPの高い一本だ。

IMG_7648.JPG
お通しはカブとハスイモのサラダだ。

IMG_7649.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
さて、壁一面に貼られたメニューを見回す。
見慣れた品の中にぽつんぽつんと新作が混じっている。
一つも見逃さないように見回しながら、この日の注文を組み立てる。

IMG_7655.JPG
一品目は久々の季節野菜のフリット4種盛り650円+税である。

IMG_7658.JPG
秋茄子、舞茸、ごぼうに加え、人参、椎茸、インゲンが盛られる。
鉄板と言うほかない。

IMG_7662.JPG
二品目はフォアグラ&鴨生ハムのせクレソンサラダ950円+税が出る。
この店では名物三種の葉っぱサラダに次いでボリュームのあるサラダだ。
葉っぱはクレソンだけでなくレタスや白菜、水菜なども盛られている。
鴨生ハムの蝋のような脂身部分がクレソンの苦みとよく合う。

IMG_7671.JPG
1号店から現れたおかみさんから勧められたのが鴨&まいたけという品。
2号店限定の品だそうで、使われるソースがとにかくお勧めなのだと言う。
妻がクセのある肉が苦手なので、ちょっと注文を躊躇していると、
鴨肉を牛ハラミに変えて作ってくれるという。
そこまで言われれば注文しないわけにはいかない。

IMG_7674.JPG
それが三品目、牛ハラミ&まいたけ、秋きのこソース950円+税だ。
牛ハラミ、まいたけ、カブがソテーされ、きのこソースが敷かれている。
細かくカットされたしめじ、マッシュルームなどが入るソースは、
おかみさんが熱心に勧めてきてくれたのを感謝するくらい美味い。

IMG_7690.JPG
〆は迷ったがきのこ祭り‼リゾット950円+税を選ぶ。

IMG_7699.JPG
春のふきのとうのリゾットと同様のパルミジャーノクリームリゾットだ。
ふきのとうほどの味のクセはないが舞茸、しめじもいい味を出している。
米の火加減も相変わらずいい。

IMG_7685.JPG
最後にアントニーパレという南仏のシラーをグラスで注文する。

IMG_7638.JPG
1号店に戻り際のおかみさんに言われる。
「年内にもう一回くらい来ますよね?」
はいはい、もちろんですとも。
年末最終営業日に2号店に来ますよ。
そんなの当たり前でしょ。
次は冬素材を使った新メニューがたっぷり出てくるかもしれない。
この日の会計は二人で9,680円だった。

ビストロ シン 2ビストロ / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.5

posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 Bistro-SHIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。