2019年12月08日

ロマンティコ(白金台)…緊張感を楽しみたい

IMG_8278.JPG
地下鉄南北線を白金台駅で降り、プラチナ通りから一本それた路地に入る。
高級住宅地にポツンポツンとお洒落そうな飲食店が散見される。
駅から5分ほど歩いて、この日の目当ての店の赤い看板を見つける。
令和元年、牛丼夫婦の背伸び忘年会の舞台は「ロマンティコ」である。

IMG_8299.JPG
我々が普段なかなか来れないようなクラスのレストランだから、
諸々困らないように下調べをしている。
事前情報では、店が一人の男性のみによって切り盛りされていて、
主人であるこの男性が寡黙でコミュニケーションがとりづらく、
場合によっては不愉快な思いをして帰る客もいるという。

IMG_8353.JPG
この日はカウンターに7席のみが設けられている。
18時過ぎの入店で、3人組家族客が先客としている。
我々はカウンター中央の2席に導かれる。
メニューを渡され、おまかせにするのが本当はいいのかも、とも思ったが、
前菜のトリッパやメインのシャラン鴨など妻が苦手とする食材もあるため、
アラカルトで注文することにする。
「前菜二品、パスタ二品、メイン一品くらいでちょうどいいんですか?」
「いいと思います。」

IMG_8283.JPG
まずはグラスのプロセッコで乾杯。

IMG_8291.JPG
前菜一品目は『活け〆め穴子』フリットを選ぶ。

IMG_8296.JPG
トマトやチコリ、バジルソースの上に穴子のフリットがのせられる。
妻曰く、「これは普通だね。」

IMG_8293.JPG
直後にパンがバターとともに出される。

IMG_8301.JPG
ここで私はグラス白ワイン(ハウスワイン)へ。
シャルドネと思われるが、飲み応えは深くも浅くもない感じ。
果実味も含め、いい意味で中くらいな感じだ。
妻も若干遅れて白ワインへと追いかけてくる。

IMG_8305.JPG
二品目は『あんこう』のソテー(正確な料理名は不明)
野菜や豆などの付け合わせの上にあんこうがのり、トマトのソースがかかる。

IMG_8309.JPG
あんこうの身はプリっとして噛んだ際に心地よい食感が残る。
上にかかる素揚げされた葉っぱが香ばしくて、主人に聞くと、
「黒キャベツというイタリアの野菜です」と言われる。

IMG_8323.JPG
続いて、パスタ一品目は
卵黄で打った『タヤリン』ニンニクと唐辛子、少しのバターだ。

IMG_8332.JPG
タヤリンはタリオリーニのことでピエモンテ州ではタヤリンと呼ばれる。
シンプルなペペロンチーノで、パルミジャーノがふんだんにかかる。
底にひとかけ残った唐辛子をかじると強烈に辛い。

IMG_8337.JPG
パスタ二品目は『トロフィエ』バジリコペースト
トロフィエはリグーリア州由来というねじれたショートパスタだ。

IMG_8347.JPG
こちらも具のないシンプルなパスタ料理だが、味わいは豊かだ。
いったい何が加わっているのだろうと思うが、主人には聞かなかった。

IMG_8336.JPG
メインの前にグラス赤ワイン(ハウスワイン)を注文する。
これが、ハウスワインと思えぬ凝縮感、樽香、飲み応えだ。
グラスでこれを飲めるのなら、我々には十分。

IMG_8351.JPG
二種目のパンが出された後・・・

IMG_8355.JPG
メインは『バスク・キントア豚肩ロース』キャベツの葉包み

IMG_8365.JPG
マッシュポテトの上にのせられ、芋のチップが添えられている。

IMG_8370.JPG
ナイフで切ってみると、煮込まれ豚肉は繊維がほろほろに崩れている。
まるでほほ肉のようだ。
味つけは詳細は分からないが、塩加減も濃くなく上品な味わいだ。

IMG_8374.JPG
せっかくだからデザートを食べるつもりでいたが、お腹いっぱいで断念。
普通のコーヒーを注文して、終了である。
料金は二人で21,200円、支払いは現金のみとなっている。

IMG_8280.JPG
下調べのせいか、まったくストレスなく過ごすことができた。
注文や声掛けは主人が近寄ってきたり皿を下げるときにすればいい。
他の客は注文や声掛けを主人に無視されているシーンが幾度かあったが、
要は間が悪いのと偉そうな態度が受け入れられないのだ。
場違いな牛丼夫婦でも心地よい時間を得ることができたのである。
また来ることができたらいいなぁ、と思う。

ロマンティコイタリアン / 白金台駅目黒駅高輪台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 港区 白金、高輪台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。