2019年12月16日

Giannettoのホワイトオックスフォード ボタンダウンシャツ

IMG_9146.JPG
BEAMSのPLATINUMステージのSALEは12月5日(木)にスタート。
TOMORROWLANDのシークレットセールもほぼ同じタイミングに始まり、
この冬のバーゲン戦線がスタートした。
まず購入は、Brilla per il gusto別注のGiannettoのボタンダウンシャツだ。
袖の直しが出来上がり、この日に入手となった。

IMG_9161.JPG

IMG_9185.JPG
ボタンダウンでオックスフォード地だからもちろんビジカジ用だ。

IMG_9178.JPG
ワイドカラーでボタンダウンって珍しいしお洒落だなあって思って買った。
ビジカジ用の白シャツはFinamoreを二着持っているが、
いずれもホリゾンタルカラーで、ニットタイを合わせづらかった。

IMG_9168.JPG
背中はノープリーツだ。

IMG_9170.JPG
前立ての内側にGiannettoのブランドアイコンが縫い込まれている。
最近はシャツはBOLZONELLAばかり買っていて、Giannettoは久々だ。
私が持つブランドイメージは“いい意味で中庸”。
突飛でないけれどどこか他の違う感じで、ビジカジに使いやすい。
23,000円+税の30%OFFだった。

IMG_9131.JPG
同時にBrilla per il gustoオリジナルのスーツも買った。
ネイビー、チョークストライプ、ダブルブレステッドのスーツだ。

IMG_9136.JPG
夏のSALEの際にBEAMS HOUSE丸の内店でやはりスーツを買っているが、
パンツの裾を思ったより短く切られてしまった。
「ハーフクリースになるように」と言ったのに、である。
だから今回はその時の店員に当たらないようにし、裾合わせも慎重にやった。

IMG_9138.JPG
ずいぶん長めに、靴にしっかりかかるように合わせてもらったつもりだが、
出来上がってきてみれば、ほんの気持ち短めのジャストだった。
今のBEAMSではパンツの裾は長すぎるくらいに合わせてちょうどいい。
去年まではこんなことに神経を使わなかったんだけれど・・・
若い人はいいかもしれないが、いい歳のおっさんに短いズボンは厳しい。
posted by こここ at 12:00| Comment(0) | ファッション 服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。