2019年12月18日

さかなや(祖師ヶ谷大蔵)…“盛りのいいちらし”の評判を聞いて

IMG_8991.JPG
「うちの近くにランチで盛りのすごいちらしを出す店があるんすよ。」
二ヶ月ほど前に世田谷在住の会社の後輩N君から耳よりの情報を得る。
店の名は「さかなや」、場所は日大商学部キャンパスの近くだという。
普段あまり行かない地域だけに、つい後回しになってしまっていたが、
この宿題を年内に片付けようと、平日のこの日の昼、行ってみることに。

IMG_8957.JPG
用賀駅から東急バスに乗って国立成育医療研究センター病院前で下車、
そこから2分ほど歩くと、焼肉屋の二階に店を見つける。
午前11時ちょうどだがまだ開店しておらず、寒い中、店の前で待っていると、
5分ほどたって男性店員が出てきてメニュー看板を出し、開店となる。

IMG_8963.JPG
古びた鉄の階段を上がり、二階の店に行く。

IMG_8965.JPG
全27席にもちろん先客はなく、カウンター席に座る。
私のすぐ後に学生らしきカップルと年配男性一人客が入ってきた。

IMG_8971.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
昼のメニューは8種、もちろん一番人気のちらし寿司900円を注文する。
カウンターの上にネタが入るショーケースがあるので
一見、庶民派の寿司屋か海鮮料理屋的な内観だが、
壁に貼られた夜メニューを見ると、普通の居酒屋であることが窺える。

IMG_8974.JPG
卓上のカスターセットを見ても、それは明らかだ。

IMG_8972.JPG
店は主人らしき男性と女性二人の三人で切り盛りされている。
男性は出入り業者と商談していて、調理は一人の女性が一手に行っている。

IMG_8966.JPG
注文後すぐにお茶、奴、ごく僅かな桜漬けが出てくる。

IMG_8975.JPG
その4分後に油揚げ、わかめ、もやしの入った味噌汁が、

IMG_8988.JPG

IMG_8982.JPG
更に1分後にちらし寿司が出来上がってくる。
確かに、ネタが桶からはみ出し、なかなかの見映えだ。

IMG_9007.JPG
内容はマグロ赤身、ねぎとろ、かつお、甘えび、タコ、ブリ(ハマチ?)、
〆さば、玉子焼き、かまぼこ、ガリである。
マグロやブリは比較的厚めに切られている。

IMG_9022.JPG
小皿の醤油にネタをつけながら食べる。
正直言ってこの値段だから、身が締まった新鮮な刺身がのるわけではない。
もちろん、大きな期待はしていないからそれでいい。

IMG_9011.JPG
ねぎとろはざらっとした食感で、脂身っぽい成分をまったく感じない。
おそらくすき身はまったく使用せず、赤身だけで作っているのだろう。
まあ、劣悪回転寿司店のように不自然な油脂成分を加えるよりは全然いい。

IMG_9025.JPG
ご飯(もちろん酢飯)の量がかなり多かった。
大盛や特盛にするとご飯が更にものすごい量になるとの情報がある。
ご飯の量はそのままに、アタマ、うわものだけ大盛にできるといいのに、
と思った。

IMG_8961.JPG
とにかく見映えが売り、インスタ時代に対応したちらし寿司と言える。
正直、夏場は避けたいが、季節を変えてまた来てみようとは思う。

さかなや魚介・海鮮料理 / 祖師ケ谷大蔵駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。