2019年12月25日

景徳鎮(元町・中華街)…辛ぁーい麻婆豆腐が気分だったので

IMG_9519.JPG
業務の都合で神奈川県に来るのは今年最後となりそう。
ならばと新横浜駅周辺で午前の用事を終えた後、中華街へ足を延ばす。
なんとなく強い刺激が欲しい気分だ。
「やっぱ本格四川麻婆豆腐かな」と心を決め、「景徳鎮」に行く。

IMG_9426.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
公称は午前11時半開店だが、たいてい11時15分くらいには開いているよう。
私は11時25分頃に入店したが、既に店内に先客が4人ほどいた。

IMG_9445.JPG
若い女性店員に4人用の広いテーブル席に案内される。

IMG_9460.JPG
もちろん本格派の辛い四川風麻婆豆腐を食べるのが目的なのだが、
それに白飯を合わせるのか、或いはチャーハンや焼きそば等を合わせるか、
それとも麺飯ものは止めて点心類を注文するか、と悩む。

IMG_9468.JPG
因みにメニューには普通の辛さのマーボー豆腐という品もある。

IMG_9442.JPG
ランチメニューのマーボー豆腐定食はこの普通の辛さのものらしい。
本格四川風を食べたければスペシャルメニューの麻婆豆腐掛け御飯か、
グランドメニューの単品を注文するしかないということになる。

IMG_9439.JPG
チャーハン類も魅力的だが、

IMG_9435.JPG
やはり好物の肉焼きそばがどうしても気になる。
今朝の体重計の値が思わしくないから糖質はなるべく減らしたいが・・・
うーん・・・と悩んだ末、四川マーボー豆腐(本場の辛さ)1,800円+税
豚肉細切り焼きそば850円+税を注文する。
すると女性店員が「マーボー豆腐はハーフにもできますが」
おお、ありがたいじゃないの、というわけで、ハーフにしてもらう。

IMG_9458.JPG
横浜中華街には中国の様々な地方の料理を出す店が混在するわけで、
もちろん四川料理専門店を標榜する店も数多く存在する。
その中で重慶飯店、福満園と当店が三大人気店ということになると思う。
四川料理専門店でなくても多くの大箱のジェネラルな店ならば、
“四川風麻婆豆腐”“陳麻婆豆腐”と称して辛い麻婆豆腐を当たり前に出すが、
四川料理専門店とそうでない店とではどうしても本格感が違うし、
そうでない店では、刺激も、良くても八掛けくらいになってしまう印象だ。

IMG_9476.JPG
注文から17分ほどで焼きそばと麻婆豆腐が同時に出来上がってくる。

IMG_9527.JPG
麻婆豆腐はハーフでも一人前として十分な量だ。

IMG_9513.JPG
食べる。
本来の四川麻婆豆腐は牛挽き肉と葉ニンニクが使われるが、
この店の品は豚挽き肉と普通のネギが使われている。
また、食感が評判の豆腐は絹ごしと木綿の中間の特注品なのだという。

IMG_9556.JPG
辛さはかなり強い。
唐辛子の辛さに花椒(ホアジャオ)の痺れ感も直線的に伝わってくる。
しかし、なんとなく味に深みというか、ガツンと来る旨味が乏しい気がする。
豆豉はしっかり入っているように見えるが・・・

IMG_9493.JPG
一方、豚肉細切り焼きそばもなかなかのボリュームだ。

IMG_9544.JPG
あんの具は豚肉以外に青菜(恐らくター菜)、タケノコ、椎茸、ネギだ。

IMG_9535.JPG
麺はかん水の多い茶色い蒸し細麺、
肉あんかけ焼きそばの麺としては最も望ましいタイプだと私は思う。
油やあんにコーティングされているかのような食感の麺はとても美味い。
あんの味も塩味は濃過ぎず、油っぽさも過度には感じなかった。

IMG_9529.JPG
ランチメニューの注文ではなかったが、
食後にサービスでランチデザートの杏仁豆腐が出た。

IMG_9429.JPG
私が店を出る12時頃には一階フロアはほぼ満席となった。
店員の接客はとても好感が持てた。
辣子鶏や水煮牛肉、家常豆腐など、他の四川料理を食べてみたいと思ったが、
焼きそばが美味かったので、四川の料理に拘るべきでないかもしれない。
因みに四川マーボー豆腐ハーフ1,100円+税だった。
春になったら野球観戦の後に、夜に妻と来たい。

景徳鎮四川料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。