2020年01月03日

スターウォーズ最終作を観る

IMG_9920.JPG
スターウォーズを観るために東京ミッドタウン日比谷に行ったら、
2階通路に人だかりがあって、箱根駅伝の見物客だと判明。

IMG_9925.JPG
日比谷通りを3位争いの4人がダンゴで走っていくのが見えた。
この時、既にトップの青山学院の選手はゴールしていたようだった。
その後、4階のTOHOシネマズに上がって窓からも何校かの選手を見た。
しんがりの選手が走った後、規制解除のパトカーが走っていった。

IMG_9933.JPG
さて、「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」である。
上映場に行くと、子供や若い客がまったくおらず、
私と同じような世代の客ばかりだったのが印象的だった。
きっと興行的には苦戦していそうだな、と思った。

IMG_9929.JPG
下馬評は高くなかったからあまり期待していなかった。
それでもまあまあ楽しめた。
「エピソード8からのストーリーや設定の連動性がない。」
という批判はあったが、
8までのストーリーや設定をあまり覚えていないまま観たので、
正直言ってそれほど気にならなかった。
感想としては、
「フォースに頼りすぎ、いつしかスターウォーズは魔術映画になってしまった」
「C3POのシス語禁止解除をした生物が急に英語を話した意味が分からなかった」
「前作までに終わったキャラクターが展開のカギを握るのは安易だと思った」
「ただしハリソン・フォードはさすがに老いてもカッコよかった」
「対して、マーク・ハミルは悲しい齢のとり方をした」
「レイの両親がどうなったのかをもっと盛り込んでほしかった」
「ポーとフィンには前々作以来ずっと感情移入できなかった」
「レイアまでジェダイの戦士だったとはまったく知らなかった」
「3作目のイウォークの戦闘シーンが一番楽しかった」
「パルパティーンはルークでも勝てそうだと思った」
「スピンオフや続編がありそうだと思った」

で、鑑賞後、今年最初の外食のため銀座方面に向かった。
ラベル:映画
posted by こここ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。