2020年01月02日

Daniel&Bobのスエードショルダーバッグ

IMG_0111.JPG
伊勢丹新宿館初売り、冬のバーゲン初日に、メンズ館地下1階にて、
Daniel&Bobのスエードショルダーバッグを購入である。

IMG_0095.JPG
バッグ売り場の奥まったところでDaniel&Bobのセールコーナーを発見、
それほど数は出ておらず、普段用のショルダーバッグは二点のみだった。
そのいずれもが定価の半額になっていた。
いわゆるキャリー品、或いは展開が終了する品なのだろう。

IMG_0160.JPG
形状から、上部のファスナーを開閉する際に湾曲部でつっかえてしまい、
その部分の毛羽立ちを鋏で切ったら見事に穴が開いていたのである。
今後も開閉を繰り返すごとにこの穴は間違いなく広がっていく。
たった三年だから皮革は全然悪くなっていないので惜しいのだが・・・

IMG_0099.JPG
なので、もしいいものがあったら、と思って売り場に行ったのである。
二点あった内、やや大きめのブラウンスエードのものを購入した。
(もう一つはやや小さめのオリーブスエードだった。)
定価78,000円+税の50%OFFである。

IMG_0105.JPG
底部の長さはこれまでのジャスミンとほぼ一緒で、
高さがある分、容量は大きくなる。

IMG_0117.JPG
上部にファスナーやボタンがついていないのでセキュリティ的に不安で、
内部のファスナー付きポケットを有効に活用しなければいけない。

IMG_0138.JPG
底部などにCUOIOレザーというブランドオリジナル素材が使われる。

IMG_0116.JPG
CUOIOはDaniel&Bobが創業時に使っていたような
クラシックなバケッタレザーを原点に返って復刻したものなのだそう。
ベジタブルタンニン鞣し、原皮のしわや傷が残るデリケートなレザー、
丁寧な手入れをすれば経年変化で味が出てくる、とのことである。

IMG_0126.JPG
ブランドタグカードの裏にシリアル番号が書かれていた。
Daniel&Bobのバッグには必ずモデル名があるはずなのだが、
調べたがこの品については分からなかった。

IMG_0119.JPG
五年も十年ももつように大事に使いたい。

IMG_0148.JPG
同時にSeaward&Sternのソックスを二足購入。

IMG_0153.JPG
Seaward&Sternはネクタイを二本ほど持っているが、ソックスは初めて。

IMG_0151.JPG
定価3,800円+税が2,500円+税になっていた。
メンズ館地下1階のレジは恐ろしいほどの長蛇の列になっていたが、
FURLAから派遣されている店員が独自のレジで会計してくれたので、
とても助かった。
2019-2020冬のバーゲン戦線はこれにて終了である。
posted by こここ at 19:06| Comment(0) | ファッション 小物、靴、鞄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。