2020年01月08日

さんきち(蓮沼)…こちらが本店?シンプルな大衆洋食店

IMG_0396.JPG
JR蒲田駅西口近辺で用事を終えたのが午前11時過ぎ。
蒲田は京急線の駅や東口界隈に用事があることが多く、
西口で昼を迎えるのは久々、ランチは頭の中の引き出しを開けまくって悩む。
すみっこのカツカレーかさんきちの二択と決め、蓮沼駅方向に歩く。
迷った末、「さんきち」に行く。

IMG_0350.JPG
11時15分頃の入店で先客はなく、カウンターの端っこの席につく。

IMG_0363.JPG

IMG_0361.JPG
卓上に置かれたメニューを見る。
特に悩まず、豚肉焼肉(スタミナ)定食880円をご飯少なめで、
そしてヒレとんかつ2コプラス300円も合わせて注文する。

IMG_0347.JPG
すぐにサラダが出てくる。
ニンジンの混じった千切りキャベツとトマトに
特徴的な味わいのサウザンドレッシングがかかったものだ。
サウザンにはカイエンペッパーや緑の香草らしきものが混じっている。

IMG_0358.JPG
卓上には薄いキムチのような味の大根の漬物が置かれる。
この漬物とサラダを食べながら、料理が出るのを待つ。

IMG_0352.JPG
店は二人の男性によって切り盛りされている。
調理を一手に行うコック姿の年配男性が恐らく主人だろう。
武蔵小山のさんきちがこの店からの暖簾分けであることはよく知られる。
他にも支店が数店あったらしいが、今はすべてなくなったのだそうだ。
店外に「さんきち本館」の表示があるのはその名残だろう。

IMG_0369.JPG
注文から約7分ゴマがかかったご飯とわかめと油揚げの味噌汁が出る。

IMG_0373.JPG
その直後にヒレカツが出てくる。
メニューには2コと書かれていたが、小さなものが3個皿に乗る。
ウスターソースとケチャップを混ぜたようなソースがあらかじめかかる。
三つ合わせても肉だけで70g程度のボリュームだ。

IMG_0398.JPG
その1分後に豚肉焼肉が出来上がってくる。

IMG_0384.JPG
鉄皿に入れられジュージューと音を立て、煙が上がる。
バラ部分の多い薄切りコマ肉と玉ねぎがタレ焼きされ、
生玉子が添えられ、上から水菜が散らされている。
見るからに食欲をそそられる。

IMG_0392.JPG
食べる。
大衆的な甘辛さとでも言ったらいいのか・・・
ニンニク片が見えるが、ニンニクが強く利いている感じはしない。
武蔵小山のさんきちで食べた豚肉焼肉ととても味がよく似ている。

IMG_0408.JPG
なんとなくひと味足りない感じなのだが・・・

IMG_0417.JPG
生玉子を溶き、肉をくぐらせて食べてみると、やや味が丸くなる。

IMG_0332.JPG
雨天だったせいか、私の滞在中に他の客の来店はなかった。
武蔵小山との比較では、メニューの数はかなりシンプルだ。
サラダは味が違うが見た目に共通性があり、料理の味付けは近いのだと思う。
きっとカレーは甘いのだろう。
久々に武蔵小山のさんきちに行きたいな、と思いながら会計して店を出て、
蒲田駅西口を目指した。

さんきちハンバーグ / 蓮沼駅蒲田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。