2020年01月11日

新橋 いっぱし(内幸町)…美味い魚に美味い日本酒、良心価格で心地よい時間

IMG_0466.JPG
冬にセール終盤戦の丸の内界隈を物色した後、都営三田線で内幸町へ。
約1ヶ月前にネット予約をしていた「新橋 いっぱし」に行くためだ。
駅を出て外堀通りを新橋方向に歩き、新橋二丁目の交差点を左折すると、
すぐに雑居ビルに看板を見つけ、地下1階の店に行く。

IMG_0486.JPG
予約の17時半ちょうどに入店すると、先客はなく、
若い女性店員にカウンターの一番奥の席に案内される。
18時前くらいから後客の入店が続き、18時半にはほぼ満席となった。

IMG_0472.JPG
ドリンクは私は生ビールを、妻はいきなり鳳凰美田1合900円を注文、
1合は片口で出され、お猪口は2個もらう。

IMG_0483.JPG
卓上には日替わりの地酒メニューも置かれる。
主人によれば常時25〜30種の日本酒を用意しているのだそうだ。
焼酎の種類が豊富なので、「焼酎を飲ませる店か」と聞いたところ、
日本酒は劣化が早いので焼酎に比べ種類をたくさん置いておけないと言う。
それでも30種置いてはけるのは人気店ならではということなのだろう。

IMG_0476.JPG

IMG_0478.JPG
お通しは鶏挽肉とコンニャク、大根、ニンジンの煮物が出る。

IMG_0480.JPG

IMG_0485.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_0474.JPG
刺身は単種注文可だが、
一人一切れずつ人数分盛られる盛り合わせがお得だと言われる。

IMG_0491.JPG
その勧めに従い、刺身盛り合わせ(値段不明)が料理一品目として出る。

IMG_0490.JPG
内容は上から真鯛、生クラゲ、炙りサーモン、まぐろ、白エビ、
やいとハタ、寒サワラ、寒ぶり、ホッキ貝、〆サバ、平目(エンガワ付)。
醤油皿はワサビ用とおろし生姜用の二つが出される。

IMG_0488.JPG
出色だったのがやいとハタだ。
丁寧に炙られて香ばしいのに加え、脂ののった身の食感もたまらない。
鹿児島近海で獲れたもので、18日間寝かせて熟成させたのだそうだ。

IMG_0499.JPG
生クラゲは初体験、見た目が美しく、盛り合わせ皿に見映えを加えていた。

IMG_0495.JPG
料理二品目は菜の花のおひたし680円だ。
まさに旬の一品。
上品で優しい出汁の味がとてもよかった。

IMG_0502.JPG
さて、私も日本酒に進出だ。
鳳凰美田の後、黒龍純吟1,000円早瀬浦特別純米1,300円と飲み進む。
黒龍は吟醸酒が得意な銘柄らしく、純米でも濃い飲み口だった。
早瀬浦は甘さが抑えられキリリと辛口で、好みのタイプだった。

IMG_0510.JPG
「ぶり大根うまそー」
カウンター内の主人の声が耳に入る。
「え、ぶり大根うまそお?」
つい反応してしまう。
「ええ、今日のは出来がよさそうで・・・食べてみませんか?」
すっかりのせられて、ぶり大根980円を注文する。

IMG_0517.JPG
美味い。
臭みがまったくないし、とにかくブリの身が脂がのってとても美味い。
煮出汁ツユも甘辛過ぎず優しい味で、直接飲めるほどだ。

IMG_0519.JPG
四品目はスミヤキの炭火焼き980円
スミヤキはクロシビカマスという魚の通称だそうで、
魚の表皮がスミヤキされたように黒ずんでいるからそう呼ばれる。

IMG_0522.JPG
カマスの名の割に身にクセはなく、脂がのって食感がとてもいい。
高級なムツやカサゴなんかの焼き物を食べているような気分だ。

IMG_0526.JPG
五品目はカキとホウレン草のクリームグラタン950円である。

IMG_0537.JPG
具はカキとホウレン草しか入らないシンプルな一品だが、
ベシャメルソースにほのかな和風だしの味がして、らしさを感じる。

IMG_0553.JPG
カキは妻が苦手なので私がすべて食べた。

IMG_0556.JPG
カウンターのショーケースに入ったデカい椎茸に見とれていると、
「神山しいたけという徳島産の椎茸なんですよ」
主人からの熱心な説明が飛んでくる。
形のいいものは高価で高級料亭に供され、
そこからあぶれたものを仕入れているのだそうだ。
炙り焼きと天ぷらが選べたが、神山しいたけ天ぷら780円を選択する。

IMG_0561.JPG
天つゆも用意できると言われたが、レモンと塩で食べた。

IMG_0500.JPG
料理の美味さ、一人5,000円前後というリーズナブルさももちろんだが、
この店の魅力は多くの指摘がある通り、主人の人柄にもありそうだ。
気さくに話しかけてきて、一品一品に熱心で嫌味のない説明が加わる。

IMG_0571.JPG
会計をお願いすると、最後にお椀が出てくる。
お吸い物風だが、魚の骨、アラや余った野菜などでとったスープだそうだ。
これまた上品な魚出汁の味で、具がわかめしかないのがかえって良かった。

IMG_0468.JPG
「新橋には何かの用事で来られたのですか?」
「いいえ、この店に来るために来たんです。」
「また是非来てください。」
ええ、絶対に来ますとも。
食べたい料理がまだまだたくさんあるし。
特にブリしゃぶね。
ブリしゃぶ、メニューにないからどうしたら食べられるのか聞けばよかった。
因みに会計は二人で10,657円。
予約の際のキャンセル料の扱いでやや姿勢を訝しんだのだが、
(予約確定後キャンセルすると、登録したカードから自動的に引き落とされる)
そんなこともすっかり忘れ、とても心地よい時間を過ごすことができた。

新橋 いっぱし居酒屋 / 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅

夜総合点★★★★ 4.1

posted by こここ at 21:30| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。