2020年01月22日

信濃路(蒲田)…さよならはいつまでたってもとても言えそうにありません

IMG_1204.JPG
池上で朝からの用事を終えた後、東急池上線で蒲田駅に出る。
昼飯は魚の定食を食べたいが、肉のおかずも食べたい。
こんなときは注文の自由度の高い大衆食堂に行くに限る。
東口の駅前から路地に入り、「信濃路」に行く。

IMG_1184.JPG
店は入ってすぐに立ち食いそばゾーンがあり、
その奥に、椅子があって定食などの食事や酒飲みができるゾーンがある。
午前11時ちょうどの入店で立ち食いそばゾーンに2人ほどの先客が、
そして奥の椅子席には年配男性一人酒飲み客が3人ほどいる。

IMG_1172.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_1176.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_1177.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
奥の椅子席に座り、壁に貼られたメニューを見る。
定食は魚介系も肉系も豊富で、それらはすべて単品注文も可能だ。
それ以外にもカレー類、丼もの、つまみ類、おでんなど、
メニューを眺めているだけで飽きないほど品数は豊富だ。

IMG_1189.JPG
カウンター内のおばちゃん店員から「お決まりですか?」と催促され、
カレイ煮付定食660円豚キムチ炒め500円を注文する。
「納豆はありますか?」
「ありますよ、お付けしますか?」
ということで、メニューに記載のない納豆を付けてもらう。

IMG_1183.JPG
調べると、「信濃路」という店名の飲食店は全国に数多くあるが、
当店と同一業態の、系列と思われる店は大森平和島、鶯谷の店のみ。
但し、他にも暖簾分け等の関連店があるかもしれない。
私は過去に大森店、平和島店に行っている。

IMG_1191.JPG
注文から7分ほどで、まず豚キムチ炒めが定食の状態で出てくる。
なめこと豆腐の味噌汁、めかぶ、タクアンがつき、
納豆は小鉢に入りネギが加えられている。
「いま、カレイも温めてますんでもうちょっとお待ちください。」

IMG_1199.JPG
1分後にカレイの煮付が出てきて注文の品が揃う。

IMG_1209.JPG
カレイは子持ちでもなく小さくて身も薄いが、この値段だから仕方ない。
レンジの音はしなかったので、作り置きを鍋などで温めなおしたのだろう。

IMG_1222.JPG
タレツユは甘ったるくなくまずまず美味かった。

IMG_1212.JPG
一方で、豚キムチ炒めはなかなかのボリュームだ。
内容は豚バラ薄切り肉、もやし、ニラ、玉子、白菜キムチだ。
炒めている音がしたので、こちらは間違いなく作り置きではない。

IMG_1225.JPG
これも味はなかなか美味い。
豚バラ肉もぴらぴらのしゃぶしゃぶ肉でなく、適度な厚みがあって、
まさに好みのタイプだ。

IMG_1219.JPG
さて、食べ終わって会計をお願いすると請求は1,060円。
100円引きになっている上、納豆は無料だったことになる。
納豆はパックのまま出しながら200円くらい取る店があるのに、
この店では器に移しかえてねぎを加えて無料・・・大衆食堂の鏡だ。

IMG_1169.JPG
次は鶯谷の店に行って、鮭塩焼き定食におでん数品を加えたい、
なんて思いながら店を後にした。
15年後くらいに私はここで朝っぱらから日本酒を飲んでいそうだ。

信濃路 蒲田店そば(蕎麦) / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:煮魚 食堂 居酒屋
posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。