2020年01月26日

芝松(緑が丘)…魚介が一切入らないちゃんこ鍋が売りの居酒屋風ファミレス

IMG_1483.JPG
ちゃんこ鍋に定義や流儀など、いくら調べてもない。
型にはまらないところがちゃんこ鍋の魅力と言ってもいいかもしれない。
日曜の夕方、緑が丘にあるちゃんこ鍋の人気店「芝松」に行く。

IMG_1429.JPG
到着は17時20分過ぎ、店頭に“営業中”の札は出ていたが先客はない。
予約の名前を告げると一旦小上がり座敷席に案内されそうになるが、
テーブル席を希望し、奥めの広い4人用テーブル席につく。

IMG_1427.JPG
店は調理を一人で行う年配の主人と、4人ほどのスタッフで切り盛りされる。
このスタッフは一人の若い男性を除いて、声をかけても無視される。
「いらっしゃいませ」の声もカウンター内の主人だけだ。
開店直後に満席になるとの事前情報があったが、全然そんなことはない。
但し、ひっきりなしに電話の音が鳴り、主人が調理の合間に対応している。

IMG_1435.JPG
若い男性店員が近寄ってきて、
注文はすべてタッチパネル式の機械で行うよう指示される。
メニューはなく、この機械がメニューを兼ねているということになる。

IMG_1432.JPG
飲み物は妻はグレープフルーツサワーを、私は熱燗二合を選ぶ。
尚、HPのメニューには純米酒があるが、実際は注文できない。
また、お通しはない。

IMG_1438.JPG
料理一品目は和風サラダ960円が出る。
レタス、大根、トマトに二切れずつのカニの脚の身、ホタテ、タコがのり、
味噌ダレのような甘いドレッシングがかかる。

IMG_1450.JPG
二品目は炭火焼和牛ステーキ2,500円を選ぶ。
この店がもともと焼鳥屋だったと聞き、本当は焼鳥を注文したかったが、
タッチパネルでは単品の注文が出来なかったので、こちらにした。

IMG_1456.JPG
ミディアムレアに焼かれた牛赤身肉に少量のガーリックチップがかかり、
バターと、当店自慢という力士みそがのせられている。

IMG_1472.JPG
肉は焼き目が香ばしく、旨味もあってとても美味かった。
ボリュームもまずまずだった。
バターはともかく、力士みそは正直言って合わないと思った。

IMG_1477.JPG
さて、ちゃんこ鍋2,500円だ。
しょうゆ、みそ、塩、キムチ、カレーの5フレーバーがメニューにあるが、
しょうゆはこの日は売り切れになっている。
一番人気という塩を選択する。

IMG_1494.JPG
煮立つと女性店員が無言で鍋の蓋を取って下げていく。
二人なら一人前で十分な量だ。
内容はえのき、ブラウンえのき、白菜、ねぎ、ニラ、油揚げ、玉ねぎ、
鶏もも肉、鶏つくね、ベーコンなど。
魚介類は一切入らない。

IMG_1502.JPG
そしてなんと、あらかじめうどんが入っている。
〆用の追加うどん、ラーメンやライスを頼む人がいるのが信じられない。

IMG_1498.JPG
正直言って、ベーコンや玉ねぎが入る鍋って初めての経験だ。
なんでこんな鍋を食べに人が集まるのだろう。
雑炊を食べようという気などまったく起こらない。

IMG_1422.JPG
日本酒のお燗を一合追加して会計は二人で7,820円。
あまり飲まなかったから安かったが、一品の値段は決して安くない。
それにHPに掲載される料金からはかなり値上げされている。
日曜のせいか家族連れが多く、
座敷を奇声を上げて走り回る子供たちがいたりして、
座敷席を避けた自らの予見性、危機回避能力を褒めたくなった。
いったい人気の源は何なのか、とほとほと考えさせられる。
力士を目指す人はもっとまともなちゃんこ鍋を食べてほしいと思う。

ちゃんこ芝松ちゃんこ鍋 / 緑が丘駅奥沢駅大岡山駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 目黒区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。