2020年02月01日

Spice Bar コザブロ(本駒込)…いまどきのスパイスバルを居酒屋気分で

IMG_1916.JPG
約二年半前に新中野の「やるき」の面白味に魅せられて以来、
インド料理風のスパイス料理をつまみに飲める居酒屋を探してきた。
期待を胸に秘め、この日行ったのは新進の評判店「コザブロ」である。

IMG_1796.JPG
地下鉄本駒込駅の改札で妻と待ち合わせ、5分ほど歩いて店に行く。
18時ちょうどにシャッターが上がり、看板に明かりが灯り、開店となる。
入店し、予約の名前を告げると、入口近くの二人用テーブル席に導かれる。
我々の直後に女性一人客、男性一人客が続いて入店してくる。

IMG_1819.JPG
最初のドリンクはグラススパークリング650円+税を注文する。
ハウメ・セラ・ブリュットというスペインのカヴァだ。
さっぱり、すっきりで酸味が抑えられ、飲みやすいタイプだった。

IMG_1823.JPG

IMG_1825.JPG

IMG_1827.JPG

IMG_1828.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
メニューはグランドメニューと日替わりの紙のメニューがある。

IMG_1798.JPG

IMG_1800.JPG

IMG_1802.JPG

IMG_1804.JPG

IMG_1807.JPG

IMG_1808.JPG

IMG_1810.JPG

IMG_1813.JPG

IMG_1815.JPG

IMG_1817.JPG
日替わりの紙メニューといっても日替わりらしからぬかなりのボリューム。
こちらがメインメニューではないか、と思わさせられる。
フードだけでなく純米酒などのドリンクも掲載されている。

IMG_1835.JPG
料理一品目はおまかせ前菜5種盛り(S)1,000円
二人なら(S)で十分と主人に言われての注文だ。

スパイシーコールスロー(紫色のもの)、キャロットラペ、
チャナチャット(ひよこ豆のインド風サラダ)、砂肝のアチャール、
貝(この日は牡蠣)のアチャールの5種がそれぞれ小鉢に入って出される。

IMG_1839.JPG
どれも美味くて、この後の料理に期待を持たせるに十分な品々だった。
特にコールスローが絶妙のスパイス感で、お土産に買いたいほどだった。

IMG_1843.JPG
店は若くて恰幅のいい男性主人と若い女性の二人で切り盛りされている。
カウンター9席、テーブル6席、計15席は席間が広くとられている。
明るくておしゃれな内観はインド料理屋というよりカフェ風である。
主人は多弁で、カウンター席の客たちと会話を絶やさない。
「うちのカレーは品名が同じでも他の店のカレーとはまったく違う」
なんていう熱弁が聞こえてくるが、そういうアピールは悪いこととは思わない。
最近評判の個人店の店主にはこういうタイプの人が多いと思う。

IMG_1876.JPG
二品目は牛筋の煮込みマッシュポテト添えバゲット付き(S)630円+税
もちろん牛筋は通り一遍の煮込みでなくスパイシーで、甘さは控えめだ。

IMG_1859.JPG
これに合わせるべくチウラ100円+税を注文する。
いわゆる籾つきのまま炒った米をついて平らにし、乾燥させた干飯だ。
ネパール料理で、本来は様々な総菜と混ぜて食べる。
「コーンフレークやないかい」って妻が言っていたが違う。
前菜の残り汁に合わせるのがいいようだが、牛筋煮込みともよく合った。

IMG_1847.JPG
ここでグラス白ワイン650円+税を注文。
トランキルというラングドックのもの一択なのだが、これがなかなか。
ソーヴィニヨン・ブラン、グルナッシュ、ミュスカデで飲み応えがあり、
まろっとしたテクスチャーが何とも言えず、ハイCPの一杯だ。

IMG_1885.JPG
三品目は天然ブリのスパイス焼きミントチャトニー1,080円+税
ブリの身はあまり大きくなく、部位的に脂もあまりのっていない。
ブリの旨味が出るようにスパイス感はほどほどにつけられている感じだ。
ミントチャトニーにはパクチーも加えられているそう。

IMG_1896.JPG
続いては串焼きを注文。
大山鶏200円+税を2本に気仙沼産サメ200円+税1本を選択する。

IMG_1910.JPG
大山鶏はタンドリーチキンやチキンティッカの串刺しでないのがいい。
焼鳥感を残しつつターメリックで色づき、スパイス感はどぎつくない。

IMG_1892.JPG
ここでグラス赤ワイン650円+税に移る。
レ・テラスというラングドックのシラーで、これも飲み応え良し。
この店のグラスワインはコストパフォーマンスがとてもいい。

IMG_1919.JPG
〆のカレーはチキンカレーとチャナマサラの2種合いがけ1200円+税だ。
ターメリックで色づいたジャスミンライスで二種のカレーが分けられ、
パクチーの葉が添えられる。
カレーは今どきのスパイスカレーであり、もちろん粘度はまったくない。

IMG_1925.JPG
チキンカレーはスリランカカレーとのこと、サラサラと言うより水性だ。
辛さはそれほどなく、硬めに炊かれたジャスミンライスとの相性はいい。

IMG_1922.JPG
一方、チャナマサラはインド風でしっかりグレイビーの味わいがして、
こちらの方がカレーらしいカレーと言える。
好対照で、いい組み合わせだと思った。

IMG_1845.JPG
会計をお願いすると、主人がカウンター内から出て近づいてくる。
“料理はどれも美味かったが、グラスワインがとても美味かった”
と言うと、とても喜んでいた。
今は肉より魚料理に力を入れているので、次回は純米酒も飲んでほしい、
とのことだった。
この日の会計は二人で9,471円。
『スパイスバル』と言うとトレンドを追いかけるグルメオタクのようで嫌だが、
ともかくいいスパイス居酒屋に出会えた。

スパイスバル コザブロインドカレー / 本駒込駅白山駅千駄木駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。