2020年02月09日

急にインターネットにつながらなくなり

IMG_2423.JPG
一昨日の晩に帰宅後PCを立ち上げると、インターネットにつながらない。
何度再起動をしても、設定を見直してもつながらない。
通信障害か何かかと思い、夜も遅かったので、一旦あきらめて寝る。

IMG_2420.JPG
翌朝になっても状況はまったく変わらない。
マンションが光サービスを一括契約するUCOMの障害情報を確認するが、
まったく何の情報も出てこない。

IMG_2417.JPG
Wi-Fiルーターは認識するがインターネットにアクセスできない。
午前9時になって、UCOMの会員向けサポートセンターに電話し、
オペレーターから得た情報を元に、考えられる理由をいくつか特定した後、
マンションの管理人からもいくつか情報を得る。

IMG_2109.JPG
結局最も可能性が大きいと思われた原因はスイッチングハブである。
マンションの大元から有線で各部屋のハブにつながり、
そのハブから部屋内の複数のLANポートに有線がつながっている。

IMG_2104.JPG
このスイッチングハブは、なんと風呂の天井の裏にあったのである。
多くのマンションでは風呂の天井の裏に設置されているらしい。
このことが分かったのは、管理人からの情報によるところが大きい。
最近、他の複数の住民から同様の問い合わせがあって、
結局、その住民が自分で部品を購入し、自力で設置して解決した、
という情報である。

IMG_2112.JPG
当初はハブの専用ACアダプターが断線しているのかと思い、
このアダプターを求めて有楽町のビックカメラや秋葉原電気街を歩いたが、
ハブのメーカーであるプラネックスという会社の製品であり、
特殊な規格で、汎用品として流通しているものでないことが分かる。
そのことを晩にジジーノで妻に話すと、妻曰く、
「そんなのハブ自体を替えちゃえばいいんじゃない?」
・・・おお、なんて俺はアホな機械音痴なんだ!

帰宅し、再度UCOMに電話し、汎用品のハブが使えるか聞くと、
「まったく問題ない」との返答を得る。
また、マンションの光サービスが100Mbpsから1Gbps対応に変わっているので、
ハブもGiga対応のものを買った方がいいこと、
ELECOMやBUFFALOなどの大手のものを買った方がいいこと、
ループ検出機能をOFFにするスイッチがついているものを選ぶこと、
今までのハブとポートが同数(5ポート)のものを買うこと、
という四つのアドバイスをもらった。

IMG_2106.JPG
そして翌朝、再度有楽町のビックカメラに行き、ハブを購入。
昼に帰宅し、風呂の天井裏に設置し、インターネット接続を無事確認。
約二日がかりの騒動は終息した。

IMG_2115.JPG
本当に苦労したから、晩にちょっと良さめの赤ワインを開ける。
カリフォルニアのジンファンデルのフルボディだ。

IMG_2100.JPG
つまみは、ビックカメラの後に寄った銀座松屋地下のコダマで買った、
ケーゼ、バラチャーシュー、ベーコン、ソーセージなどの盛り合わせや、

IMG_2117.JPG
もらいもののハム、ソーセージ、

IMG_2123.JPG
チョリソーサラミ、コンビーフ、フォアグラムースなどを並べる。

それにしても、便利っていうのは怖い。
当たり前に日常的に享受していると、それが途切れた時、途絶えた時に、
あらぬこと、大それたことを考えて、強い不安感、恐怖感に襲われる。
今回も、部屋の中の大規模工事や引越しを考えた。
結局、後から考えれば簡単なことで解決し、大騒ぎしたことを後悔する。
マンションは新築から15年、また近々何か起こるだろう。
うろたえずに冷静に引き出しを開けなければならない。

※2/12追記
スイッチングハブがGiga対応になったのでWi-Fiルーターも、ってことで、
ビックカメラONLINEでNECのルーターを購入。
難なく設置できた。
Googleのスピードテストは5Ghzにするとものすごく早くなるけど、
実際作業しているとあまり変わった実感はない。
そんなものかも。
posted by こここ at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。