2020年02月14日

レストラン喫茶 タクト(小岩)…いわゆる昭和の喫茶店洋食

IMG_2620.JPG
職場のパンデミックは続いている。
不死身の私は今日もダウン中の同僚の代理で小岩へ。
思いのほか用事が早く終わり、想定外に時間ができたため、
駅から10分ほど歩いて「レストラン喫茶 タクト」に向かう。
デカ盛り業界では名高い人気店、一度行ってみたいと念願だった店だ。

IMG_2542.JPG
午前10時40分頃の入店で全36席の店内に先客は若い男性一人のみ。
店内は古めかしい喫茶店のようで、
電源の入っていない二台のゲーム機がテーブルとして使用されている。

IMG_2544.JPG

IMG_2549.JPG

IMG_2557.JPG
メニューを見る。
人気はハンバーグ定食と豚のジュージュー焼定食だ。
また、まだ時間的に廉価のモーニング定食の注文も可能だ。
焼うどんにかなり惹かれたが、悩んだ末、
エビグラタン750円と単品豚のしょうが焼750円を注文する。

IMG_2580.JPG
店は調理を行う主人らしき男性と、調理補佐や配膳などを行う二人の女性の、
合計三人の店員で切り盛りされている。
最初に対応してくれた女性は上品で親切な方で、
「こちらの席の方が足場が広くて楽ですよ」
なんて言って移動を促してくれた。
因みにゲーム機の席は足場が狭く、あまりいい席でない。

IMG_2577.JPG
私の後から三人の男性一人客が入ってくるが、
三人とも若くて太っていて、定食をご飯大盛で注文していた。

IMG_2588.JPG
後客の注文のモーニング定食などが先に出された後、
注文から22分でエビグラタンが、既製のタバスコとともに出てくる。

IMG_2603.JPG
グラタンはデカ盛りでなく標準的なボリュームだ。

IMG_2639.JPG
食べる。
パスタは乾麺のペンネリガーテが使用されている。
具は冷凍ものと思われる収縮したむきエビと少量の玉ねぎだ。
チーズは恐らく業務用のチープなパルメザンチーズだと思う。

IMG_2666.JPG
ベシャメルソースがかなりゆるく、素人料理のように水っぽくなっている。
量から言って玉ねぎから出た水と思えず、パスタからでもないだろう。
もっとじっくりとソースを煮込んで作らないと、と思いながら食べた。

IMG_2626.JPG
グラタンの3分後に豚のしょうが焼が出来上がってくる。
鉄皿にのせられ、煙を上げジュージューと音を立てている。

IMG_2630.JPG
よく見ると、しょうが醤油ダレが後がけされているのが分かる。

IMG_2651.JPG
肉をかき分けるとたっぷりのナポリタンスパゲティが姿を現す。
更に一度茹でられたニンジンとジャガイモものせられている。
はっきり言って、全体のボリュームは評判ほど大したことはない。

IMG_2652.JPG
食べる。
豚肉は恐らくロース肉であり、脂身はほとんどついていない。
硬めの食感で味つけはまずまずだと思う。

IMG_2660.JPG
しかし、この日一番美味かったのはカサ増し要員のナポリタンだ。
喫茶店洋食ではよくあることだ。
やはり焼うどんが正解だったか、とちょっと後悔する。

IMG_2540.JPG
この店のデカ盛り店としての真価は定食や丼のご飯の盛りだけのようだ。
デカ盛り著名店に行くと、意外と肩透かしに合うことが多い。
この店のようにご飯だけがデカ盛りだったり、
特定の品だけがデカ盛りだったり、チャレンジメニューが別途あったり、
或いは特定の客にだけ注文が認められるデカ盛り品があったり。
まあ、デカ盛りが目的ではなかったし、そんなに食べられるわけでもない。
ただ、ちょっとびっくりしてみたかっただけなのだ。

レストラン喫茶 タクト定食・食堂 / 小岩駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 江戸川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。