2020年03月07日

富士屋本店(渋谷)…桜丘町の雰囲気に溶け込む大人カジュアルワイン酒場

IMG_4162.JPG
我々夫婦がワインに興味を持ち、評判のワインバーを巡り歩いていた頃だ。
当時、「富士屋本店」も評判店だったが、完全立ち飲みなので行かなかった。
それが2018年12月に場所を変えリニューアルオープンし、店は広くなり、
椅子席が出来て居心地がかなり良くなったと聞き、この日、行ってみた。

IMG_4175.JPG
予約の17時半に店に行くと、全60席にまだ客はまばら。
しかし18時になると徐々に客が増え、18時半にはほぼ満席になった。
入口付近に立ち飲み席があるようだが、圧倒的に椅子席の方が多く、
狭苦しい感じはまったくなく、確かに居心地はいい。

IMG_4168.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
ドリンクはもちろんワインを。
魚料理も肉料理も食べたかったので、グラスワインをまず考えたが、

IMG_4178.JPG
ボトルの値段が全体的に安いので、ANDELUNAという白ワインを注文。
アルゼンチンのシャルドネで値段は3,000円+税だった。
フルボディとの表示だったが、樽香はあったがかなり若めに感じた。

IMG_4170.JPG

IMG_4172.JPG

IMG_4174.JPG
料理メニューは大まかにいえばワインのつまみとピッツァで構成される。
というのも、もともと富士屋本店は桜丘町界隈で、立ち飲み大衆酒場、
立ち飲みワイン酒場、グリル料理を出すダイニングバー、ピッツェリアの
四店が系列店として運営されていて、渋谷の街の再開発により、
これらがすべて立ち退きとなり一旦閉店したのだそうだ。
この四店の内、ワイン酒場とピッツェリアが融合し再興されたのがこの店。
因みに閉店したピッツェリア「アルフォルノ」には約十年前に行っている

IMG_4187.JPG
料理一品目はアスパラとクレソンのサラダ650円+税が出る。
ゴルゴンゾーラ味のソースがかかり、ウニとからすみ粉末が散らされる。

IMG_4193.JPG
二品目は天然ヒラメのセビーチェ600円+税が出てくる。
湯引きされたヒラメの身がレモン汁や香草とマリネされている。
セビーチェはペルーやメキシコなど中南米の料理だとされるが、
日本ではギリシャやスペインなどの地中海料理の店でもよく出される。

IMG_4195.JPG
三品目はサザエの肝バター焼き850円+税バゲット300円+税だ。

IMG_4202.JPG
6穴エスカルゴ皿で出されたサザエは細かくカットされ真っ黒に染まっている。

IMG_4211.JPG
バゲットを切れ目に沿って割り、サザエをのせて食べる。
ニンニクが利いていて、濃厚ソースはバゲットをどんどん消費させる。
これ、この日の料理で一番美味かった。

IMG_4214.JPG
妻の要望でフォアグラのシュークリーム200円+税を2個注文する。

IMG_4220.JPG
プチシューの裏からフォアグラのムースが注入されている。
チョコレートに見えるソースは甘くないチョコレート味。
赤ワインや醤油の味を感じた。

IMG_4224.JPG
メインは特選、黒毛和牛の朴葉焼1,400円+税を選ぶ。
レアに焼かれた和牛の上にウニがたっぷりのり、焼かれた茄子が添えられる。

IMG_4239.JPG
バルサミコベースの甘くて酸味のあるソースがかかっている。
ウニが大好物の妻は喜んでいるが、肉は100gを切る量で少々寂しかった。

コピー (2) 〜 IMG_4264.JPG
ラストはピッツァ・ビスマルク1,400円+税
トマトソースにパルミジャーノ、モッツァレッラ、半熟卵、
プロシュート(生ハム)がのる。
これを注文したのはアルフォルノでとても美味かった記憶があったからだ。

コピー 〜 コピー 〜 IMG_4271-2.JPG
出て来てみると、サイズがやや小さめだが我々にはむしろちょうどよく、
とにかく生地が香ばしくて甘さがあり、とても美味かった。
最後にピッツァを注文するかどうか迷ったのだが、注文してよかった。

IMG_4275.JPG
ピカンテオイルがついたのもよかった。

IMG_4166.JPG
常に近くにいて諸々対応してくれた若くてぽっちゃりめの女性店員は、
笑顔が素敵でとても感じよかった。
最後にグラス赤ワインを一杯追加して、この日の会計は二人で10,780円。
料理は全体にポーションが小さめで、若い人ならもっと高くなるだろう。
若いカップルが客層の中心だが、中年男性二人組も数組いた。
場所柄、大人がゆっくりと静かに話しながらカジュアルにワインを楽しめる、
そんな店なのだと思う。

富士屋本店ワインバー / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 21:05| Comment(0) | 渋谷区 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。