2020年03月12日

豊しま(江戸川橋)…厚切り肉そば、意外と調和していてびっくり

コピー 〜 IMG_4554.JPG
江戸川橋駅を出た瞬間に耳をつんざくような激しい衝撃音に襲われる。
交差点で大型ダンプが大型ダンプに追突したのだ。
追突したダンプの運転席はグシャグシャでペチャンコで、
運転手は死んだのではないか、と思いながら様子を眺めていると、
背後の立ち食いそば屋の店員が出てきて「すげぇー」とか言っている。
その立ち食いそば屋、「豊しま」に入ることにする。

IMG_4543.JPG
平日午前11時過ぎ、完全立ち食い式の店内に先客は若い男性一人。
実は立ち食いそば屋ファンの間では名高い店だ。
その評判の源は厚切り豚バラ肉がのっかるそばである。
本店は飯田橋駅近くにあり、江戸川橋に支店があることは知らなかった。
一度行ってみたいとかねてより思っていたが、
運よく念願を叶えられることになった。

IMG_4546.JPG
厚切り肉そば680円しゃけおにぎり110円を注文する。
会計は現金手渡し先払い式だ。

IMG_4552.JPG
注文から2分ほどで肉そばが出来上がってくる。
ショーケースに入っていたおにぎりが同時に供される。

IMG_4558.JPG
事前情報で厚切り肉が丼からはみ出ている画像を何度も見ていたので、
実物が意外とこじんまりしていて少々がっかりする。
まあそれでも、大きな豚バラ肉が入るそばはなかなか体験できない、
と自分に言い聞かせ、食べる。

IMG_4562.JPG
そばは田舎そば風茹で麺だ。
ツユは真っ黒でかえしの味が強く、こういう武骨なそばとよく合う。

IMG_4569.JPG
厚切り肉は箸で簡単に切れる。
濃いツユに田舎そば、厚みのある豚バラ肉もよく調和する。
普通の立ち食いそば屋のそばにこの厚切り肉をのせても調和しないだろう。
上手く考えられていると思う。
かき揚げなんかをトッピングしても、きっと調和しないだろう。

IMG_4573.JPG

IMG_4576.JPG
おにぎりはコンビニサイズだ。
上の方を崩すとほぐした鮭の身が出てくる。
最近、ほぐされない切身が入るおにぎりに出会うことがままあるが、
私は鮭がフレーク状になって散りばめられたおにぎりの方が好みだ。

IMG_4545.JPG
店を一人で切り盛りする男性は、私に注文の品を出した後、
すぐに店を出て交通事故見物にいそしんでいた。

IMG_4541.JPG
飯田橋の本店なら、厚切り肉は丼からはみ出るのかもしれない。
完成度が高くなかなか美味かったので、いずれ本店にも行ってみたい。
店員が戻ってこないまま、食べ終え、店を出て、
事故のせいで大渋滞になっている道路を横目に江戸川橋駅に向かった。

豊しま 江戸川橋店立ち食いそば / 江戸川橋駅神楽坂駅茗荷谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。