2020年05月08日

蕎麦さだはる(内幸町)…評判の立ち食い田舎そばを食べに

IMG_8345.JPG
GWは終わったが非日常は未だ続いている。
昨晩は流行りのオンライン飲み会に参加して少々飲み過ぎたので、
昼はそばかうどんがいい。
閑散としたオフィスで事務処理を終えた後、「蕎麦さだはる」に向かう。

IMG_8339.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_8324-2.JPG
GW前にガン爺に行った際に店の場所を確認していたので迷わず着き、
店頭の券売機で南蛮豚650円天ぷら250円の食券を買う。

IMG_8328.JPG
入店し、受け取りカウンターで女性店員に食券を渡すと、
南蛮豚は温かいそばか冷たいそばかを聞かれ、温かいそばを指定する。
更に、生玉子か温泉玉子を無料でつけられると言われ、温泉玉子を指定する。
カウンターには有料追加用のちくわ天、鳥天、いなり、ごはんや、
受け取りの際に無料で盛れる揚げ玉、大根おろし、わかめ、ねぎが置かれる。

IMG_8337.JPG
その脇にわさび、ゆず胡椒、ごま、醤油、塩などの調味料や、

IMG_8334.JPG
ご飯もの用と思われる紅生姜、タクアン、福神漬が置かれている。

IMG_8330.JPG
午前11時40分の入店で先客は年配男性一人のみ。
私の滞在中の店内後客はスーツ姿の中年男性が一人だけだったが、
テイクアウト客はぽつぽつと訪れているように見えた。

IMG_8348.JPG
注文から2分半ほどで出来上がり、お盆ごと手渡される。

IMG_8360.JPG
南蛮豚そばにたっぷりのわかめとねぎを加え、窓際の立ち食い席に行く。

コピー 〜 IMG_8363.JPG
食べる。
評判通り、そばは角切り太麺で、十割蕎麦らしくモスグリーングレー色だ。
但し、香りはほとんどなく、食感も見た目ほどの力強さ、特徴はない。
コシが強いわけでなく、かと言って、ぼそぼそっとした感じもない。
一方で出汁ツユはやや濃いめの味で、甘み、酸味がほどよく、
全体を上手く調和させている。

IMG_8373.JPG
デフォルトで鷹の爪が入っているが、更に七味唐辛子を足す。
この出汁ツユには辛味がよく合う。

IMG_8370.JPG
具として甘辛く煮た豚バラ薄切り肉とねぎが入っている。
脂身たっぷりの豚バラ肉もまた、濃いめの出汁ツユとよく合う。
それほど強い味がついているわけではないので、バランスを失っていない。

IMG_8353.JPG
当店の看板とも言うべきかき揚げは確かに面積はデカいが厚みはない。
路麺で250円も取るので海老やあさりなどがゴロゴロ入るかと期待したが、
小海老が一個とイカの小片がわずかに入るものの、実質玉ねぎ天である。

IMG_8393.JPG
温泉玉子を崩すとツユがまろやかになり更に美味くなる。

IMG_8398.JPG
そこへかき揚げをひと口大に割って浸して食べる。
出汁ツユが濃いめの味なので天ぷらがよく合う。
天ぷらそばが一番人気だというのもうなずける。

IMG_8314.JPG
都内屈指の人気路麺店であり、だいぶ前から一度来たいと思っていた。
うどんを出さない路麺店はたいてい美味い。
正直言って、このそばなら冷やしやざるの選択の方がいいだろう。
かき揚げでなく、カウンターのちくわやとり天を選ぶべきだった。
そんなことを思いながら食器類を返却口に置き、店を後にした。
さあ、今晩もオンライン飲み会だ。

蕎麦 さだはる 西新橋店そば(蕎麦) / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。