2020年05月16日

ばる あらら(五反田)…家でアヒージョやパエリアを食べられる幸せ

IMG_8866.JPG
東京都は宣言解除まであと一週間か・・・
という予感を秘めた土曜日の夕食は「ばる あらら」のテイクアウトだ。
たまたまインターネットで見つけた五反田にあるスペインバルで、
前日に電話で予約注文し、雨の中17時にピックアップしてきたのである。

IMG_8808.JPG
前日の注文はHPのテイクアウトメニューを見ながら行った。
応対した男性店員は量や包装形態などを丁寧に説明してくれた。
注文は小エビのアヒージョ800円イベリコ豚と野菜のソテー1,000円
モロッコ風鶏の串焼き500円×2ミックスパエリア1,200円
イカスミのパエリア1,200円

IMG_8838.JPG
出来てからあまり時間が経っていないので、アヒージョだけレンジで温め、
それ以外の品は温めずに、皿に移しかえてテーブルに並べる。
別途用意していたサラダ菜とバゲット(アリエッタで購入)を一緒に並べる。

IMG_8812.JPG
魚貝の料理があるので、ワインはヴェネト州のロゼのスプマンテを開ける。

IMG_8816.JPG
まずはアヒージョから食べる。

IMG_8871.JPG
バゲットを浸しつつ・・・
レンジで温めてもさすがにオリーヴオイルがぐつぐつとはならないが、
家でこの料理を楽しめるのはありがたい。
ついバゲットをたくさん食べてしまうのがこの料理の難点だ。

IMG_8824.JPG
モロッコ風鶏の串焼きはモロッコ風と称しながら実は定番スペイン料理だ。
ターメリック、パプリカ、クミンなどのスパイスやロースマリーとともに
オーブンで焼き上げられた独特な味わいの鶏モモ肉だ。

IMG_8826.JPG
冷めて肉がやや硬くなってしまっているのが残念だった。

IMG_8830.JPG
イベリコ豚と野菜のソテーはメイン料理として注文した。
野菜はなす、パプリカ、キャベツ、ジャガイモ、ズッキーニなど。
料理全体の味つけはシンプルで、ほどほどの塩加減でよかった。
豚肉は脂身が美味くて、出来立てで食べてみたいと思わさせられた。

IMG_8842.JPG
さて、パエリアである。
一人前がごはん茶碗一杯強とのことだったので、二種注文した。

IMG_8853.JPG
イカスミのパエリアはイカとあさりが具として認められる。
イカスミは海鮮出汁にコクを増し、にんにくにより更に旨味が増し、
パンチの効いたワシワシ食べる系のパエリアとなる。

IMG_8857.JPG
ミックスパエリアには殻付き海老、あさり、ムール貝が具として入る。
オーソドックスで優しめな味つけとなっている。
どちらのパエリアもとても美味かった。
でも、やはりパエリアは鉄皿で熱々のものを食べるべき。
米粒の隙間にふつふつと煮立つ泡が見えるくらいでなければならない。
前の日の夕飯の残りを弁当箱に入れて翌日の昼に食べている気持ちになった。

IMG_8792.JPG
いまはこれで満足しなければいけない。
贅沢を言ってはいけない。
家で、お店のスペイン料理を食べることができたのだから。
どの料理も美味かったので、いずれ店に出来立てを食べに行きたい。
熱々のアヒージョに熱々のパエリアを思う存分食べよう。
尚、買ったものの料金の合計は5,200円、引き取り時に払ったのは4,800円、
現在、テイクアウトはサービス価格となっているのかもしれない。

ばる あららスペイン料理 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 22:17| Comment(0) | 家でごはん 弁当・デリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。