2020年05月27日

肉のヤマキ商店(大崎)…ビジネス街の企業系肉丼店

IMG_9387-2.JPG
午前の仕事を終え、渋谷駅からJR山手線に乗って品川駅に向かう。
その電車がたまたま大崎駅どまり。
これも運命と、大崎駅で降りて昼飯を食べることに決める。
ニューシティという駅近商業ビルに入り、企業系の飲食店が並ぶ中、
2階にある「肉のヤマキ商店」に入ることにする。

IMG_9355.JPG
午前11時半頃の入店で先客はなく、カウンターの一番奥の席に座る。

IMG_9353.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見ながら、近づいてきた店員に量に関して聞く。
企業店らしく、肉とご飯の量がしっかり設定されているのが分かる。
プレミアム焼肉丼の場合は以下の通り。

小 肉80g ごはん200g 値段590円
中 肉100g ごはん250g 値段690円
大 肉150g ごはん350g 値段990円

IMG_9361.JPG
更にカレーがけ、肉増し、から揚げのせなどのオプションがある。
プレミアム焼肉丼(中)690円+税100g肉増し400円+税
から揚げ1個100円+税を注文する。

IMG_9363.JPG
店は二人の店員によって切り盛りされている。
席はテーブル16席、カウンター6席だが、
半分の席を座れなくして席間をあけるようにしている。
店頭では弁当が売られ、ぽつぽつと買っていく客が見られる。

IMG_9409.JPG
注文から6分で焼肉丼が、その2分後にから揚げが出来上がってくる。

IMG_9380.JPG
出てきた瞬間に焼肉ダレの焼けた匂いがふわっと漂ってくる。

IMG_9384.JPG
ボリュームとしては肉200gはすき家でいえばメガ盛と特盛の間くらい。
ごはんは250gだから中盛よりやや多めになる。

IMG_9400.JPG
食べる。
肉は牛バラ肉でかなりスジがあって噛み切りにくい。
部分的にはゴムを噛んでいるようで、かなり歯と顎が鍛えられる。
たぶん外国産の、あまり質の良くない肉なのだと思う。
たっぷりからむベタベタに甘いタレで肉本来の味はマスクされている。

IMG_9407.JPG
ごはんにもタレがかけられていて、わしわしとかき込む。
あと、ネギが変な臭みがあってとても美味くなかった。
恐らく小口切りにしてからだいぶ時間が経っているものと思う。

IMG_9417.JPG
から揚げはモモ肉で、カラッと揚がり、肉はしっとりしていた。
揚げ立てで熱々でなかなか美味かった。

IMG_9419.JPG
正直、そんなもんだろうと思って入ったから、後悔はない。
あえて言うなら、スープか味噌汁くらいは無料でつけるべきだ。
トリドールの運営店だそうだが、
もうちょっと企業系飲食店の強みを出してほしいと思う。
本当に大崎駅周辺にはいい飲食店がない。

肉のヤマキ商店 大崎ニュー・シティ店丼もの(その他) / 大崎駅大崎広小路駅五反田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by こここ at 15:42| Comment(0) | 品川区 大崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。