2020年05月31日

コントレイル

20200531-00000095-dal-000-view.jpg
画像はWORLD KEIBA WEBより引用
こんなに美しい勝ち方をする馬は久しぶりに見た。
トウカイテイオー以来じゃないか、と思うくらいだ。
福永はずっと応援してきたから、馬券は外したけどとても嬉しい。

ダウンロード (1).png
サリオスは走る前から勝ちに行っていたのか疑問だった。
レーンはきっと勝てないと思って乗っていたのだろう。
皐月賞とダービーの1、2着が同じ組み合わせだったのは、
1983年のミスターシービー、メジロモンスニー以来のこと。
メジロモンスニーはミスターシービーのライバル視されるほどの馬ではなかった。

コントレイルは秋は菊花賞に行くと言われる。
正直、早熟血統が囁かれることと距離が心配だが、
菊花賞、有馬記念と連勝してほしい。
アーモンドアイが年末に昨年の雪辱に出てきた上で、勝ってほしい。

安田記念は近年まれに見る豪華メンバー、2020年のベストバウトになるかも。

プロ野球もサッカーも相撲もゴルフもやっていない。
ずっと競馬しかやっていなかった。
薄っぺらくなったスポーツ新聞を競馬だけが支えていた。
そんな中で出てきたヒーローに胸打たれたので、つい日記として上げた。
ラベル:競馬
posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。