2020年06月02日

misato(東新宿)…忠実に再現されているのか否か

IMG_9739.JPG
恵比寿にあった頃の香月で修業をした人物が営むラーメン店が東新宿にあり、
全盛期の香月の味を再現している、との評判を何年も前から聞いていた。
若松河田町でひと仕事終えた後、ふとそのことを思い出し、
大久保通りを歩いて「misato」に向かう。

IMG_9722.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
午前11時35分に着くと既に開店していて、入店し、券売機の前に立つ。
結構強気な値段設定だ。
かつて、香月では味噌チャーシューばかり食べた。
1980年代、既に香月の味噌チャーシューは1,000円を超えていた。
味噌チャーシュー味玉1,250円バター100円の食券を買う。

IMG_9734.JPG
店を一人で切り盛りする男性に食券を渡すと、
麺、味、背脂の好みを聞かれ、麺を固めで、その他は普通でお願いする。
この男性が恵比寿時代の、まだ企業に売り払われる前の香月に勤めていて、
全盛期に創業者の指導を直接受けた人物、ということのようだ。

香月は2012年2月に恵比寿からいったん離れ、三軒茶屋に移転、
このときに創業者は実質的な経営権を手放したとされている。
その後一年半ほどで香月はいったん、全面的に終焉を迎える。
因みにこの店の創業は2014年7月とのこと。

IMG_9724.JPG
先客は3人、全10席あるカウンターの真ん中くらいの席につく。
私の後にも次々に客の来店が続き、10分後には満席となる。
その中には私のような高年齢層のサラリーマン客が散見され、
きっと皆、30年以上前のバブルの頃に夜中まで渋谷や新宿で飲んで、
朝方に恵比寿の店にタクシーで乗りつけた元香月マニアに違いない、
在りし日を懐かしんで来ているのだろう、と勝手に想像するのである。

IMG_9726.JPG
卓上には胡椒、にんにくおろし、七味唐辛子、醤油、酢、辣油が置かれる。

IMG_9735.JPG
食券を渡してから7分ほどでラーメンが出来上がってくる。
半分にカットされた半熟味玉、5枚の豚バラロールタイプのチャーシュー、
もやし、小口切りされた白ネギ、ニラ、メンマが具として認められる。

IMG_9738.JPG
バターは別皿で、これで100円?という寂しい量のものが出される。

IMG_9766.JPG
食べる。
スープはとんこつ臭、獣肉臭はほとんどなく背脂ギトギトでもなく、
とんこつラーメンのスープとしては比較的すっきりしていると言える。
まあ、香月は同系の土佐っ子やホープ軒よりかなり淡麗めだったから、
それを受け継いでいるのだと思う。
背脂は多め指定にしてもよかったかな、と思った。

IMG_9752.JPG
麺は低加水の縮れの少ない細麺で、博多風に近いパツッとした食感だ。
香月の麺ってこんなだっただろうか。
晩年の頃はこんな麺ではなかったが、渋谷橋時代はこうだったかも・・・
正直言って、ちょっと思い出せない。
でもこの麺はすっきりしたスープとはよく合うし、いい感じだ。

IMG_9747.JPG
チャーシューは明らかに在りし日の香月とは違う。
脂身たっぷりで薄く、箸で持ち上げようとするとほろっと崩れてしまう。
そもそも豚バラロール煮豚チャーシューなんてバブルの頃はなかった。
いったいどこの店が元祖で、いつ頃から一般化したのだろう。

IMG_9744.JPG
香月を感じさせるのはボリュームだ。
香月は丼はデカかったが麺やチャーシューのボリュームは寂しかった。
この店はスープの量も少なく、丼のサイズも含め全体にこじんまりしている。

IMG_9756.JPG
さて、バターを投入する。

IMG_9764.JPG
そして・・・我慢しようと思っていたが、たまらずニンニクも。
私にとって香月のラーメンにはニンニクを入れるのがメソッドであり常識だ。
そして、神話時代のようなバブルの頃の光景を目を薄めて思い出すのである。

IMG_9718.JPG
香月出身者のラーメン店は何軒かあるようだが、ここが最も評判がいい。
果たして全盛期の香月を忠実に再現しているのかは思い出せなかったが、
とても満足感が高いラーメンで、今後もときどき来たいと思った。
私が退店する11時55分頃には店内に1人、店外に3人の待ち客がいた。
貴重な不織布マスクを二枚重ねにして顔にかけ、午後の仕事に向かった。

ミサトラーメン / 東新宿駅西早稲田駅新大久保駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


ラベル:ラーメン
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 新宿区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。