2020年06月06日

酒盃 たいこう(大岡山)…美味い酒に美味い肴、いい日常が戻ってきた

IMG_0003.JPG
予約の17時半、おそるおそるドアを開ける・・・
おー、いるじゃないか、客がぁ。
なんとこの日は予約で満席、予約なしで来て断られている客もいる。
土曜の晩はステップ2緩和後で予想外に逞しい「酒盃 たいこう」である。

IMG_0016.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
入口を入って右手のカウンター席に座りメニューを見る。
まずは飲み物だが、既に家でビールを飲んでから来ているので、
いきなり日本酒でスタートすることにする。

IMG_0018.JPG
あまり馴染みのない銘柄を、と高尾の天狗という純米酒を注文する。
長野県の酒だが、ネーミングと言い“八王子産米使用”の札と言い、
東京都下に所縁のありそうな酒だ。
抑え気味の甘さは上品で、フルーティというよりはすっきりタイプだ。

IMG_0021.JPG
お通しはかぼちゃの羊羹が出る。

IMG_0010.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
本日のおすすめメニュー

IMG_0014-2.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
グランドメニュー

食べ物は本日のおすすめメニューを中心に主人におすすめを聞きながら選ぶ。

IMG_0031.JPG
一品目はお刺身5点盛り(二人前)1,980円+税が出る。
内容はカツオ、石鯛、星ガレイ(そのエンガワ)、コチ、スズキの5点だ。
主人曰く「夏の魚オールスターです。」

IMG_0034.JPG
石鯛が高級魚だということはなんとなく知っているが、
主人に言わせると星ガレイは更に高級なのだという。
白く輝いている身は締まっていて弾力があり、淡白でクセが無く食べやすい。

IMG_0037.JPG
二品目はタカベ塩焼き1,080円+税、これも主人に勧められたものだ。
「タカベも高級魚なんですか?」
「そーなんですよ、こここさん!」

IMG_0045.JPG
なんでも今の時季が旬で、夏場は値がかなり上がるのだそうだ。
適度に脂ののった上品な味わいの白身、といった感じ。

IMG_0046.JPG
二種類目のお酒は島根県の裏月山を。

IMG_0055.JPG
料理三品目は地鶏の唐揚680円+税、グランドメニューからの定番品だ。
この店の唐揚げは片栗粉が入ると思われるコロモがカリッとして美味い。

IMG_0067.JPG
5個盛られる内の1個があらかじめ半分にカットされている。
もも肉が使われ、肉がしっとりとして旨味が閉じこもっている。

IMG_0075.JPG
四品目は白バイ貝旨煮580円+税、夏のつまみの定番だ。

IMG_0101.JPG
私は手先が不器用でバイ貝の煮つけはいつもキモまで上手く取れないが、
この日は百発百中、コツをつかんだかもしれない。
妻はキモの部分が苦手らしく、ほとんど私が食べた。

IMG_0095.JPG
三種目の酒はスーパーくどき上手、初めてお目にかかった。
くどき上手は大好きな酒だが、なんとスーパーは精米歩合30%・・・
70%が削られて(正確には磨かれてか・・・)いるのだ。
女性のイラストがない真っ黒なラベルも印象に残った。

IMG_0116.JPG
〆はもちろん世界最強のおにぎり280円+税を。

IMG_0111.JPG
巨大でご飯が温かくふんわりと握られ塩味は軽め、米がとにかく美味い。
やはりおにぎりは人間の手で握られていなければ、と思わさせられる。

IMG_0126.JPG
この日は具は明太子を選ぶ。
半分に割って妻と分けたが、それでもかなりのボリュームだ。

IMG_0118.JPG
いつも通り、おにぎりには絶品の玉子焼きがつく。

IMG_0105.JPG
「こここさんが来られるので十四代を残しておいてあるんですが、
もし今日はもう飲めないようなら、次回是非飲んでください。」
主人の悪魔のささやきだ。
これはもう、絶対に、「今日飲んでけ」というサインである。
正直言ってほどよく酔っているが、男として黙って引き下がれない。

IMG_0129.JPG
くっそー、十四代だせ!もってこい!
っつーことで、久々の十四代。
やっぱり美味い。
甘味に品格を感じる。

IMG_0134.JPG
つまみにイカの塩辛480円+税をもらった。

IMG_0138.JPG
「たぶん十四代、注文すると思った」とは妻の弁。
二人ともしたたかに酔った。
この日の会計は二人で10,490円。
とてもいい時間を過ごした。
「次はなめろうにひやおろしなんていいかもね」
「アイスブレーカーも飲みたいね」
などと妻と言い合いつつ、店を後にし、東急線大岡山駅を目指した。

酒盃 たいこう割烹・小料理 / 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

夜総合点★★★★ 4.2


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。