2020年06月19日

亜細亜(五反田)…五反田であんかけ焼きそばならどの店に行くべきか

IMG_1017.JPG
小雨降る中、高輪台で午前の仕事をこなし、歩いて五反田までやってくる。
気分はどうしても牛肉がのっかるあんかけ焼きそばだ。
東京酒に行けば好みの細麺の肉焼きそばを食べられることは分かっているが、
豚肉細切り焼きそばであり、牛肉が入る焼きそばはメニューにない。
考えた末、界隈で最も歴史のある中華料理店「亜細亜」に行くことにする。

IMG_0978.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
店に行くと、店頭にテイクアウトメニューが掲示されている。
ほとんどの品が店内価格+容器代100円でテイクアウトできるようだ。

IMG_0986.JPG
午前11時45分頃に入店すると、すぐに2階に上がるよう店員に指示される。
1階16席には先客が3人、28席ある2階フロアには女性一人客1人のみだった。

IMG_0981.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_0983.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
迷わず牛肉やきそば1,200円大盛200円で注文する。

IMG_0991.JPG
この店に来たのは約7年ぶり。
五反田界隈には中華料理屋は多いが、はっきり言っていい店は少ない。
比較的ハイクラスな中華店はこの店しかないと言っていいのではないか。
但し、私のこの店への印象は決して良くない。

IMG_0996.JPG
注文から12分ほどでやきそばがいったん別の客に出され、
その客が「違う」と言って、そのまま私の前に運ばれてきた。

IMG_1011.JPG
皿がデカく、なかなかのボリュームに見える。

IMG_1003.JPG
具は牛肉の他にター菜、ニンジン、白菜、玉ねぎ、タケノコが入る。
牛肉の量はまずまず入っている。

IMG_1045.JPG
食べる。
麺はかん水の多い中細縮れ麺、昔ながらのごわごわタイプの中華麺だ。
私はこのタイプの麺の中華焼きそばはあまり好みではない。

IMG_1038.JPG
あんは塩味が濃く、野菜から水が出て全体が水っぽくなっている。
そのため麺とあんがうまく調和していないように思う。
味が単調でひと味足りないような印象を受けるのが原因かもしれない。

IMG_0975.JPG
塩味の濃さのため、野菜は頑張って食べたが、麺は半分くらい残した。
こういう焼きそばが好みの人もいるのだろう。
或いは汁麺や定食を食べるべき店だという声もあるかもしれない。
私は今後もし五反田駅周辺で中華焼きそばを食べたくなったら、
躊躇なく東京酒樓に行く。
もし混んでいて入れなかったら、刀削麺に切り替える・・・ことにする。

亜細亜広東料理 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by こここ at 16:01| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。