2020年06月23日

広東料理 吉兆(元町・中華街)…焼きそばの極細麺はストライクど真ん中

IMG_1399-2.JPG
自粛期間中にあまり中華料理を食べる機会が多くなかったせいか、
最近、大好物の中華のあんかけ焼きそばが頭の中をずっと占拠している。
しかも低加水の細麺をカリッと炒めたやつだ。
目的を達するためには横浜中華街に行くのが間違いなさそう。
何店かの候補の中から、以前から気になっていた「広東料理 吉兆」に行く。

IMG_1316.JPG
事前情報では本来の店舗は改装中で、その隣の仮店舗で営業していて、
席数が8席しかないので昼時は行列ができる、と聞いている。
念のため開店時間の午前11時半よりも10分ほど早く着くと、
店はすでに営業していた。

IMG_1321.JPG
入店すると席はなんと22席もある。
まあ、現在は密を避けて最大8人しか入れないのかもしれないけれど。
先客は男性一人のみ、私が滞在中の後客は男性二人組のみ。
平日の昼は早い時間だとそれほど混まないようだ。

IMG_1328.JPG

IMG_1342.JPG
メニューを見る。
一番人気は活あさりそばで、大半の人がこれを注文する。
本来なら迷わず牛肉焼きそばを注文するところだが、
せっかくわざわざ来たのだからこの店にしかない珍しい品を食べておこう、
と思い、あさりと玉子の焼きそば920円大盛100円で注文する。

IMG_1339.JPG
点心メニューもおまけで掲載

IMG_1359.JPG
待っている間、壁に掲示されたメニューなどを眺める。
横浜中華街は何でもそこそこ美味い店より看板品が一品ある店の方が繁盛する、
と以前書いた。
この店ではそれがあさりそばになるわけで、あさりがウリかと思えば、
メニューを見ていると、意外とあさりが入る品は他に焼きそばしかない。
あさりチャーハン、あさり餃子、中華風酒蒸しなんてあってもいいのにと思うが、
試しに作ってみたけれどあまり美味くなかったのかもしれない。

IMG_1362.JPG
注文から10分ほどで出来上がってくる。
大きな皿に入り、かなりのボリュームに見える。

IMG_1380-2.JPG
具は殻付きのあさりの他にター菜、ニンジン、タケノコ、玉ねぎ、木耳、

IMG_1387.JPG
そして上部の具をよけると玉子焼きが現れてくる。

IMG_1393-2.JPG
その玉子焼きをめくると麺が見えてくる。
おおー、望んでいたよりも更に細い麺だ。

IMG_1427-2.JPG
ワクワクしながら麺を玉子焼きや具と一緒に持ち上げて食べる。

IMG_1432.JPG
麺そのものの味がとても美味い。
特に焼き目のついた部分はカリッとして香ばしく、
元の小麦粉の味が美味いのだろうなんて思ってしまう。
あんの味が塩味が薄いので、麺の味を直に味わえるのだろうと思う。

IMG_1403.JPG
熊本産というあさりは身がデカく、それだけを食べるととても美味い。
但し、あんかけ焼きそばとして調和しているかというと、疑問だ。
野菜類は分かる。
でもあさりの良さは生かされているように思えないし、
なんで玉子焼きが入るのかまったく分からない。
奇をてらう選択をすべきではなかった。
焼きそばを食べたければ五目焼きそばか牛肉焼きそばを選ぶべきだったし、
あさりを食べたければあさりそばを選ぶべきだった。
それでも極細麺がとても美味かったから、一応目的は達せられたけれど。

IMG_1307.JPG
平日昼の中華街の人出はまだまだ戻っているとは言えない。
外国人旅行客や団体旅行客がいないことが大きいのだと思う。
プロ野球観戦が再開され、
日祝日のDeNA戦のナイターの前に、或いはデーゲームの後に来て、
路地裏の無名店でまったり食事と中国酒を楽しめる日が、今は楽しみだ。

広東料理 吉兆広東料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。