2020年06月26日

ラホール 外神田店(秋葉原)…ブラックカレーは酸味がかなり強くなった

IMG_1609-3.JPG
朝乗った体重計の値がここ一年で最も低い。
おおお、ようやく地道なトレーニングの成果が出てきたか。
今日の昼は思い切り太るものを食べよう。
ラホールのカツカレーかジャポネのジャリコか背脂チャッチャか・・・
考えた末、昨年11月以来の「ラホール 外神田店」に行く。

IMG_1589.JPG
開店時間のはずの午前11時に店に行くとまだシャッターが半開きの状態で、
近隣の店に浮気しかかりながら周辺を散歩し、
20分後に戻るとちょうど男性店員が開店作業をしていて、入店となった。

IMG_1579.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_1592.JPG
入ってすぐ左手の券売機の前に立つ。
さーっと全体を確認した後、お金を投入し慎重にボタンを押していく。
ブラックカレーカツカレー850円カレールー大盛200円
200円トッピング(豚カツ)3辛増30円5辛増50円の食券を買う。
まったくいつも通りの注文だ。

IMG_1586.JPG
店を一人で切り盛りする男性は食券を何度も見直した後、調理を始める。
店内は全6席、平時の半分に間引かれていて、半年前より店員も一人減った。
先客はもちろんなかったが、私の滞在中に中年男性一人の後客があった。

IMG_1603-2.JPG
注文から7分ほどで出来上がってくる。
カレールー大盛分はグレイビーボートに入れられて出される。

IMG_1615.JPG
平皿にごはんが丸く盛られ、上にカツが二枚のり、カレーがかかる。
皿自体がデカいのでなかなかのボリュームだ。

IMG_1601-2.JPG
カレーの具は玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、ジャガイモ、マッシュルーム。
カレーとともに煮込まれたのでなく、炒めたものを仕上げに入れたのだろう。

IMG_1645.JPG
食べる。
ラホールには本来インドカレーと日本式カレーの二種のカレーがあるが、
ブラックカレーはインドカレーにガーリックを加えコクを増したもの、
と店内表示では説明されている。
あまり粘度がないはずだが、以前よりもやや粘度が増したような気がする。
そして前回同様、強い酸味を感じる。
以前はそれほど感じなかったが、前回から急に感じるようになった。
トマトをたっぷり加えるようになったのだろうか・・・

IMG_1663.JPG
辛さはブラックカレーは5辛まで無料なので、この場合13辛になる。
カレーのタイプが違うので比較は難しいが、Coco壱番屋換算で5辛くらい。
私にはちょうどいい辛さだ。

IMG_1637.JPG
カツは2枚で肉だけで120g程度ではないかと思う。
注文を受けてから揚げている。
カレーにつけないで食べると若干豚肉の臭みを感じる。

IMG_1653.JPG
うーん、好きなカツカレーだったが、完全にゾーンから外れてきた。
トッピングや辛さをカスタマイズできる黒カレーの店はなかなか他になく、
適度なチープさ、気軽さが気に入っていただけに、とても残念な気持ちだ。

IMG_1574-2.JPG
くしくもこの日、黒カツカレーの雄、キッチン南海が店を閉じた。
後継定宿はどこにすべきか・・・
MAJICURRYか、或いはラホールの他店舗を試すか・・・
「悩ましいなあ」なんて思いつつ、JR秋葉原駅に向かって歩いた。

ラホール 外神田店インドカレー / 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 千代田区 神田 秋葉原、末広町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。