2020年06月27日

ジジーノ(東銀座)…今こそじっくり楽しみたい炭火のマジック

IMG_1741-3.JPG
土曜の午後、丸の内から銀座へと歩く。
だいぶ人出が戻ったと言われるものの、以前の平時と比べればまだまだ。
各ショップのセールも早くも呼び水としての賞味期限切れか。
夕方は、宣言解除後に金、土の夜営業を再開した「ジジーノ」に行く。

IMG_1675.JPG

IMG_1678.JPG
予約の17時半より少々早く入店すると、若い女性4人組の先客がいる。
いつものカウンター席にいったんつき、すぐに地下のせせらぎへ。

IMG_1682.JPG
選んだのはTARIMAというスペインのモナストレル。
やや酸味を感じたが熟した果実の味わいがありまずまずの飲み応えだ。

IMG_1690.JPG
お通しはマンガリッツァ豚の生ハムにトリュフクリームをのせたもの。
さすがハンガリーの国宝、ひと口かじれば口の中いっぱいに旨味が広がる。

IMG_1692.JPG
髭の店長さんと話す。
宣言解除後、1階のテルミニは昼も夜も無休、土日は昼夜通し営業だ。
ずっとテルミニ、ジジーノを4人のスタッフで切り盛りしていて、
解除後始めたテルミニの日曜営業が活況なため、無休をやめることができず、
スタッフの休日確保のため、ジジーノの平日営業再開ができないのだそうだ。

IMG_1700.JPG
さて、この日の料理一品目は仔牛とブロッコリーのサラダ980円だ。
レタス、ラディッキオ、ルッコラ、プチトマト、炒り玉子などが入り、
さっぱりした薄味のドレッシングで味付けられている。

IMG_1709.JPG
続いては野菜炭火焼盛り合わせ2人前1,500円だ。
いつも通り、おまかせ6品が3品ずつ二皿に分けて出される。
最初の3品はジャンボマッシュルーム、レンコン、紫玉ねぎだ。
レンコンは旬じゃないせいか小さくて硬めだった。

IMG_1717.JPG
次の3品はズッキーニ、長芋、肉巻き甘長唐辛子。

IMG_1721.JPG
私はこの肉巻き甘長唐辛子が大好きなのだ。
これだけを単品で注文するときがあるほどだ。

IMG_1724.JPG
ここで口直しの千切りキャベツが出て・・・

IMG_1726-2.JPG
メインは沖縄和牛(イチボ)150g2,680円である。
ルッコラ、ラディッキオのサラダとナスの炭火焼きが添えられる。

IMG_1732-2.JPG
つけ合わせのわさび、ガーリックチップと一緒に食べる。
口の中に入れた瞬間、思わず目を薄めてしまうほど美味い。
噛み切って飲み込んでしまうのがもったいないと思えるほど。

IMG_1747.JPG
本来のイチボはお尻の肉で脂身が少ない赤身主体の部位だが、
このイチボは赤身に僅かに脂身のサシが食い込み、
強い旨味とともに心地よい弾力を感じるのである。

〆のパスタを注文しようとすると、パスタメニューは廃止したと言われる。
好みの調理法や具材を言ってくれれば、それに合わせて作るという。
それならば抽象的な注文をした方が楽しみが多くて面白いので、
「オイル系で」とだけ注文する。

IMG_1769.JPG
出されたのが梅山豚のパンチェッタと彩り野菜のペペロンチーノ1,500円
出てきた瞬間に、その彩りの鮮やかさに声を上げてしまう。

IMG_1765.JPG
具の野菜はアスパラガス、ズッキーニ、スナップエンドウ、インゲン。
更に全体にブラックペッパーとイタリアンパセリがかかる。
スパゲティの茹で加減が絶妙だし、塩味やニンニク味も控えめで、
大人のペペロンチーノという感じ。
髭のシェフのパスタ料理は本当に美味い。
これを選んでよかった。

IMG_1671.JPG
この日の会計は二人で11,340円。
このほか、日曜の夕食用にテルミニのテイクアウトもした。
いつもながらいい時間を過ごせたし、心のタンクに給油をしてもらえた。
19時を過ぎれば店は満席、予約のない客は断られていた。
テルミニ、ジジーノの盛況は嬉しい。
人出の芳しくない銀座は寂しい。

ブラーチェ・エ・ヴィーノ・ジジーノバル・バール / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。