2020年07月08日

大盛軒(東中野)…鉄板皿の炒め物が売りの人気町中華店

IMG_2343-2.JPG
メディアでよく紹介される店なのでかなり前から知っていた。
店名にもそそられるし、売りという鉄板モノにも惹かれる。
たまたま東中野で人と会う約束があったこの日、
JRの東口を出てすぐの「大盛軒(おおもりけん)」に行く。

IMG_2292.JPG
午前11時5分に店に行くと、開店直後のようで店内に先客は男性一人のみ。

IMG_2287.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター席に座り、メニューを見る。
鉄皿に盛られた肉野菜炒めの定食にラーメンがつく「鉄板麺」が店の売りだ。
ラーメンを除いた定食だけの状態でも注文をすることができる。
ビーフ鉄板焼きライス920円肉大盛170円に、

IMG_2298.JPG
自家製餃子1人前(5コ)500円を注文する。

IMG_2301.JPG
因みにこの日のサービス品は肉絲炒飯だ。
結論を先に言うと、これを食べればよかったかも・・・

コピー 〜 コピー 〜 IMG_2294.JPG
町中華と聞くと、狭くて古びた内観で老夫婦が営んでいる風景が浮かぶが、
この店は店内は全38席と広く、中年男性三人の店員で切り盛りされている。
いつ頃出来た店なのかは知らないが、内観は古びた感じはまったくない。

IMG_2295.JPG
卓上には拉麺胡椒、醤油、辣油、酢とともにデカい瓶のタバスコが置かれる。
このタバスコを鉄板焼きにたっぷりかけて食べるのが流儀らしいのだ。

IMG_2307.JPG
注文から7分ですべてが一気に出来上がってくる。

IMG_2312.JPG
ビーフ鉄板焼き定食には桜漬、生卵、ガーリックチップ、スープがつく。
ごはんはあらかじめ少なめでお願いしている。

IMG_2319.JPG
鉄板焼きはもうもうと煙を上げている。

IMG_2326.JPG
鉄板焼きの煙が止むまで、先に餃子から手をつける。
餃子は標準的な大きさのものが5個並ぶ。

IMG_2350.JPG
食べてみると、よくある業務用の旨味調味料の味だ。
こういう餃子の味にホッとする、という向きもあるのだろう。

IMG_2333.JPG
さて、鉄板焼きの煙がおさまり、食べてみることにする。
ビーフは小間肉で、部分的にはスジ張って硬いところがある。
野菜はキャベツのみ。
大根おろしがかかっていて、タレはポン酢ベース、かなり酸味が強い。
正直言ってあまり好みの味つけではない。

IMG_2338.JPG
生卵とガーリックチップをすべて投入する。

IMG_2340.JPG
混ぜる。
多少和らぐが、でも、当たり前だが酸味は強いままだ。
タバスコ投入も考えたが、タバスコだって酸味はかなり強い。
だからこの状態のまま、何とか食べ切る。
肉大盛にしたが、あまり量が多くなかったのが幸いした。
因みに隣客のポーク鉄板焼きは並だったようだが、
明らかに私のビーフ大盛より盛りが多かった。

IMG_2284.JPG
甘辛いタレを勝手に想像していたのがよくなかった。
鉄板焼きでないメニュー、カルビ焼きや焼肉定食にすればよかった。
私が店を出る12時近くには店は8割の席がうまった。
比較的高齢のガテン系っぽい男性一人客が多かったのが印象的だった。
鉄板焼き以外の品を食べている客は見当たらなかった。

大盛軒中華料理 / 東中野駅落合駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by こここ at 14:47| Comment(0) | 中野区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。